このページの本文へ

流体力学設計を応用したというヒートシンクを装備する“GeForce7300 GS”カードがGigabyteから!

2006年03月01日 21時51分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteから、Low Profile風の基板に大型のヒートシンクを装着するというユニークな形状の“GeForce7300 GS”搭載PCI Express x16対応ビデオカード「GV-NX73G128D」が発売された。

GV-NX73G128D GV-NX73G128D
Low Profile風の基板に大型のヒートシンクを装着するというユニークな形状の“GeForce7300 GS”搭載PCI Express x16対応ビデオカード「GV-NX73G128D」

 ご覧のようにLow Profileサイズとなる本体カード上部には、Gugabyteのロゴが入った金属製カバーを搭載。その内部にアルミ製フィンが入れられており、さらなる冷却効率の向上を狙った構造だ。パッケージによると「流体力学設計、熱伝導を高める高冷却を実現!」としている。
 搭載メモリはDDR2 256MB。インターフェイスはVGA/DVI/TV-OUT(HDTV対応/ケーブル付属)という構成で、コア/メモリクロックは550MHz/810MHzとなる。価格はツクモパソコン本店IIとTSUKUMO eX.で8680円、アークとTWOTOP秋葉原本店で8880円となっている。

裏面 仕組み
パッケージによると「流体力学設計、熱伝導を高める高冷却を実現!」としている。上部のヒートシンクは表から裏へと風が抜けるような構造となっている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ