このページの本文へ

日本通信、日中使い放題のPHSデータ通信サービス『bモバイル・デイタイム』を発売

2006年02月27日 18時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本通信(株)は27日、PHS&公衆無線LANモバイル通信サービス“bモバイル”の新サービスとして、午前8時から午後6時までの日中の時間帯にPHSデータ通信が使い放題となり、必要な場合には夜間も利用可能な『bモバイル・デイタイム』(ナイト・オプション付き)を3月3日に発売すると発表した。価格はオープン。直販サイト“bマーケット”では4万9800円で販売する(5月下旬販売予定)。

ラインアップ
“bモバイル”のラインアップ

『bモバイル・デイタイム』は、デイトレーダーなど日中の利用が中心となるユーザー向けの製品で、PHSデータ通信カード(CF Type I、PCカードアダプター付き)、PHSデータ通信料、インターネット接続料、接続ツールなどがワンパッケージになっているのが特徴。利用期間は365日(1年間)。“ナイト・オプション”は、PHSデータ通信を夜間(午後6時から翌8時まで)利用するためのオプションで、利用日数2日ぶんと交換で1晩何度でも利用できるというもの。対応OSはWindows XP。PHSデータ通信や無線LANスポット“bスポット”への接続/切断をワンクリックで行なえる無線インターネットコントローラー『bアクセスDAYTIME』が付属する。

利用期間終了後に利用期間を延長するための更新ライセンス“bモバイル・デイタイム 1年更新ライセンス”も提供し、5月下旬に販売を開始する予定。価格はオープン。bマーケットでは4万円で販売する予定。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン