このページの本文へ

アップル、iLife '06ソフトのアップデーターを5種類発表

2006年02月17日 20時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ソフトウェア・アップデート
“アップル”メニュー内から『ソフトウェア・アップデート』を選ぶことでアップデートが可能

アップルコンピュータ(株)は16日、『iLife '06』に含まれる5製品のアップデーターを公開した。“アップル”メニュー内から『ソフトウェア・アップデート』を選ぶか、アップルのウェブサイトを経由してダウンロードできる。

対象となるバージョンは、iTunesが6.0~6.0.2、iPhotoが6.0、iMovie HDが6.0、iDVDが6.0、iWebが1.0。各ソフトの新しいバージョンと更新された主な内容は以下のとおり。

iTunes 6.0.3
バージョン6.0.2より安定性とパフォーマンスが向上
iPhoto 6.0.1
登録ファイル数が多いライブラリでのサムネール表示と、カード/カレンダー/ブックの注文に関する問題を解消
iMovie HD 6.0.1
静止画に動きを付ける“Ken Burns”(ケンバーンズ)エフェクトのレンダリング速度と、移動バーの動作を改善
iDVD 6.0.1
ほかのiLifeソフトとの連携、古いバージョンのプロジェクトファイルの読み込み、テーマ関連に起こっていた不具合を解消
iWeb 1.0.1
ウェブサイトの公開やBlogに関する問題を解消

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中