このページの本文へ

ロジテック、DVD-RAMの12倍速書き換えが可能な外付型DVDスーパーマルチドライブ“LDR-MA16”シリーズを発売

2006年02月16日 16時34分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は16日、DVD-RAMの12倍速書き換えが可能なDVDスーパーマルチドライブ“LDR-MA16”シリーズとして、FireWire(IEEE 1394)とUSB 2.0に対応した『LDR-MA16FU2/WM』と、USB 2.0対応の『LDR-MA16U2』を3月上旬に発売すると発表した。価格は、LDR-MA16FU2/WMが1万5600円、LDR-MA16U2が1万3500円。

“LDR-MA16”
“LDR-MA16”

“LDR-MA16”は、パナソニック四国エレクトロ二クス(株)製のドライブユニットを採用し、最大でDVD-RAMの12倍速書き換え/DVD±R DLの8倍速書き込み/DVD±Rの16倍速書き込み/DVD+RWの8倍速書き換え/DVD-RWの6倍速書き換え/CD-Rの48倍速書き込み/CD-RWの32倍速書き換えが可能。本体サイズは幅162×奥行き265.5×高さ52.3mm、重量は1.6kg。ファンレス化のほか、フロント部にシャッターを装備するなど静音化が図られている。デザインは“Logitec”のLをイメージした新世代のデザインを採用したという。電源はACアダプターを利用し、消費電力は11W。

インターフェースは、『LDR-MA16FU2/WM』がFireWire(IEEE 1394a:6ピン、4ピン)、USB(Hi-Speed:B)を装備し、『LDR-MA16U2』がUSB(Hi-Speed:B)を装備する。対応OSは、『LDR-MA16FU2/WM』がWindows XP/2000 Professional/Me/98 SE、Mac OS X 10.2~10.4.4、『LDR-MA16U2』がWindows XP/2000 Professional/Me/98 SE。『LDR-MA16U2』については対応OSとはなっていないが、Mac OS Xでの動作検証も行なっているという。

アプリケーションとしてデータ漏洩防止ソフト『Logitec Secure Projects』(Windows版)や、DVDオーサリングソフト『Sonic MyDVD 6 LE』、DVDプレーヤーソフト『Sonic CinePlayer 2』、DVD/CDライティングソフト『Roxio Easy Media Creator 7 Basic Data Edition』『Sonic RecordNow! 7』、パケットライトソフト『DLA』などが付属する。LDR-MA16FU2/WMにはMacintosh用のライティングソフト『Toast 6 Lite』も付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン