このページの本文へ

日本サムスン、応答速度が5msの20.1インチUXGA液晶ディスプレー『SyncMaster 204B』を発売

2006年02月15日 18時56分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本サムスン(株)は15日、応答速度が5msの20.1インチUXGA液晶ディスプレー『SyncMaster 204B』の出荷を2月下旬に開始すると発表した。価格はオープン。法人向けに販売する。

『SyncMaster 204B』
『SyncMaster 204B』

『SyncMaster 204B』は、応答速度が5msで、輝度が300cd/m2、コントラスト比が800:1、視野角が上下/左右160度、解像度が最大1600×1200画素(UXGA)、約1677万色表示の液晶パネルを搭載し、インターフェースにデジタルRGB(DVI-D24ピン)とアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を装備したのが特徴。消費電力は最大63W(DPMSモード時2W以下、メカニカルスイッチOFFで0W)。本体サイズは幅444×奥行き200×高さ427.6mmで、左右のベゼル幅が約17mmの狭額縁デザインを採用している。チルトは前4度/後18度、スイーベルは左右各175度に対応し、高さ調整は約80mm。独自の画面回転ソフト『MagicRotation』(Windows版)が付属する。保証期間は3年間。

併せて、19インチ液晶ディスプレー『SyncMaster 920N』(IV)/(BK)も発売する。コントラスト比が700:1、輝度が250cd/m2で、視野角が上下/左右160度、応答速度が12ms、解像度が最大1280×1024画素で、入力はアナログRGBのみに対応する。消費電力は最大38W(DPMSモード時1W以下)。本体サイズは幅416.6×奥行き215.5×高さ424.6mm、重量は6.0kg。チルトは後25度まで。本体カラーはアイボリー(IV)とブラック(BK)の2色をラインアップする。3月上旬に出荷を開始し、価格はオープン。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン