このページの本文へ

Supermicro初のLGA775対応Micro ATXマザーボードのサンプル版が展示中

2006年02月04日 21時08分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Supermicro初のMicro ATXフォームファクタとなるLGA775対応マザーボード「PDSML-LN2」のサンプル版がUSER'S SIDE本店で展示中だ。Pentium Dを使用した小型サーバーマシンに搭載するマザーボードなどに最適な製品となりそうだ。

PDSML-LN2
Supermicro初のMicro ATXフォームファクタとなるLGA775対応マザーボード「PDSML-LN2」のサンプル版
ポップ
今のところ入荷時期および価格は不明。製品版登場まではもう少し時間がかかりそうだ

 主なスペックだが、チップセットセットには“E7230+ICH7R”を。拡張スロットはPCI Express x8×1、PCI Express x4×1、PCI×1。基板中央に配置された4本のDDR2 DIMMはECC対応のDDR2-400/533/677を最大4GBまで搭載可能だ。その他、オンボードインターフェイスにはインテル製ギガビットイーサネット×2やSerial ATA2 RAID×4、XGI“Volari Z7”によるVGA機能などを搭載している。今のところ入荷時期および価格は不明。製品版登場まではもう少し時間がかかりそうだ。

拡張スロット ブラケット
拡張スロットはPCI Express x8×1、PCI Express x4×1、PCI×1。IPMI用のスロットも用意されているPentium Dを使用した小型サーバーマシンに搭載するマザーボードなどに最適な製品となりそう
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ