このページの本文へ

ジャングル、約22万の不正プログラムに対応したスパイウェア対策ソフト『SGアンチスパイ2』を発売

2006年02月01日 19時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ジャングルは1日、スパイウェア対策ソフト『SGアンチスパイ2』を16日に発売すると発表した。価格は6090円。同時に、2ユーザーで利用できる『SGアンチスパイ2 2ユーザーパック』と、ウェブフィルタリングソフトなどを同梱した『SGアンチスパイ2 個人情報保護パック』も発売する。価格は各1万290円。

パッケージ1
『SGアンチスパイ2』と『SGアンチスパイ2 2ユーザーパック』

『SGアンチスパイ2』は、2005年4月に発表したスパイウェア対策ソフト『SGアンチスパイ』の後継製品。開発元の(株)アークンが日本国内に開設したリサーチセンター“スパイウェア リサーチセンター”が作成するローカルなデータベースと、ワールドワイドのデータベースの両方を利用することで、日本を狙ったスパイウェアを含む、キーロガー/トロイの木馬/ウイルス・ワーム型/ステルス型/自己修復型など、約22万の不正プログラムに対応したのが特徴。検知したスパイウェアだけでなく、関連したファイルやシステム情報なども完全に駆除する機能や、レジトスリーを書き換えるスパイウェアから保護する“レジストリプロテクション”機能のほか、アンチウイルス機能も搭載しており、アンチウイルスエンジンにはロシアのカスペルスキー研究所のものを採用している(ほかのウイルスソフトとの併用も可能)。対応OSは、Windows XP/2000/Me/98 SE。対応機種は、PC/AT互換機。

パッケージ2
『SGアンチスパイ2 個人情報保護パック』

『SGアンチスパイ2 2ユーザーパック』は、家庭内の2台のパソコンや、オフィスのパソコンと家庭のパソコンなど、2台のパソコンで利用するためのパッケージ。

『SGアンチスパイ2 個人情報保護パック』は、デジタルアーツ(株)のウェブフィルタリングソフト『i-フィルター 4(アイフィルター 4)』と、ジャングルの個人情報管理ソフト『InfoKeeper(インフォ・キーパー)』を同梱したパッケージ。



パッケージ3
『デジタル類語辞典 第4版+国語辞典+英和・和英中辞典』と『デジタル類語辞典 第4版+校閲/推敲/日本語表現支援パック』

同社では併せて、『デジタル類語辞典 第4版+国語辞典+英和・和英中辞典』と『デジタル類語辞典 第4版+校閲/推敲/日本語表現支援パック』も発売すると発表した。価格は、『デジタル類語辞典 第4版+国語辞典+英和・和英中辞典』が2万790円、『デジタル類語辞典 第4版+校閲/推敲/日本語表現支援パック』が1万9740円。

『デジタル類語辞典 第4版+国語辞典+英和・和英中辞典』は、約23万語を収録した類語辞典ソフト『デジタル類語辞典 第4版』にロゴヴィスタ(株)の電子辞典に、『岩波国語辞典第六版』と『研究社新英和(第7版)・新和英(第5版)中辞典-音声付き』をバンドルしたパッケージ。『デジタル類語辞典 第4版+校閲/推敲/日本語表現支援パック』は、類語辞典と形態素解析による独自の日本語解析技術を搭載した『校閲/推敲支援システム』と、ロゴヴィスタの『研究社日本語表現活用辞典』をバンドルしたパッケージとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン