このページの本文へ

アスキーソリューションズ、散在するデータベースのデータを統合/分析できる『QueryMagic』を発売

2006年01月31日 22時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アスキーソリューションズは31日、データ検索/抽出ツール『QueryMagic(クエリーマジック)』の販売を開始すると発表した。同日より直販サイトでダウンロード版を販売し、2月17日からパッケージ版を店頭販売する。価格は、ダウンロード版が1ユーザー1万7640円、パッケージ版が2万790円。企業/教育機関向けのボリュームディスカウントも用意する。

画面1 画面2
クエリーデザイン画面クエリーウィザード画面
『QueryMagic』

『QueryMagic』は、社内に散在している各種のデータを抽出/加工/編集/追加/削除するためのデータ処理/分析ソフトで、表計算ソフト(Excel)のような感覚でドラッグ&ドロップにより直感的にデータベースを処理できるのが特徴。複数のテーブル間でフィールドの集計や加工を行なうためのウィザード形式のダイアログなども用意されている。抽出した結果はCSV形式やXML形式などで保存でき、新しいデータベースとして再利用することが可能。Excel形式で保存し、分析したりレポートを作成したりといったこともできる。

パッケージ版
パッケージ版

対応データベースは、Oracle 8/9i/10g、Microsoft SQL 2000、IBM DB2 8.1(UDB DB2)、MySQL 4.x、PostgreSQL 8.xなどで、そのほかのデータベースとはODBC経由でデータ抽出が可能。対応OSはWindows Server 2003, Standard/Enterprise、Windows XP/2000(SP4以降)。対応機種はPentium III-800MHz以上(pentium 4-1.20GHz以上推奨)を搭載したPC/AT互換機。

なお、同製品は(株)オズウェブテクノロジーと共同開発したもので、データのグラフ化やSQL文の表示/編集なども行なえる上位版を5月以降に販売する予定としている。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン