このページの本文へ

富士ゼロックスプリンティングシステムズ、オンデマンド印刷用プリンター『DocuPrint C5450』など2機種を発売

2006年01月31日 18時46分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士ゼロックスプリンティングシステムズ(株)は31日、オンデマンド印刷用の高速/高画質カラーレーザープリンター『DocuPrint C5450』とDTP市場向けカラーレーザープリンター『DocuPrint CG835 II』を発売すると発表した。価格と出荷時期は、C5450が158万円(税別)で3月8日、CG835 IIが128万円(税別)で3月10日。

『DocuPrint C5450』
『DocuPrint C5450』

『DocuPrint C5450』は、独自開発の面発光型半導体レーザー“VCSEL(Vertical-Cavity Surface-Emitting Laser:ビクセル)”×4(CMYK)と、高速ハイブリッドタンデムエンジン、RISCプロセッサー(PowerPC 750CXE-600MHz)を搭載することにより、2400×2400dpiの出力解像度で、毎分40枚のカラープリント、毎分55枚のモノクロプリントを行なえるのが特徴(A4ヨコ/普通紙の場合)。両面印刷にも対応しており、カラーで毎分40ページ、モノクロで毎分50ページのプリントが可能。対応用紙は最大280g/m2で、はがき/名刺などの厚紙へのプリントも行なえる。用紙サイズは、はがきからA3ノビまで対応する。トナーには微粒子トナー“A-HG”を利用しており、文字をはっきり、写真を色鮮やかに出力できるという。また、給紙も標準で3630枚(4段トレイ3380枚、手差し250枚)、オプションにより最大5930枚に対応し、フィニッシャー(ホチキス止め/ファイル用パンチ対応)も装着できる。

セキュリティー機能も搭載しており、パソコンからプリンターまでの伝送路上の印刷データや内蔵HDD(40GB)の蓄積データの暗号化、プリンターの搬出時や廃棄前のHDD内残存データの一括消去などが行なえる。フォントは日本語2書体(平成明朝体 W3/平成角ゴシック体 W5)、欧文18書体を搭載する。ページ記述言語はART EXをサポートし、EXC/P(VP-1000)、ART IVのエミュレーションが可能。オプションでAdobe PostScript 3などにも対応する。対応OSは、Windows Server 2003、Windows XP/2000/NT 4.0/Me/98 SE/98/95。オプションのPostScript 3キットを追加すれば、Mac OS 7.6~9.2.2、Mac OS X 10.1.5/10.2/10.3.3~10.3.9。

インターフェースは10/100BASE-TXを装備し、オプションでUSB 2.0(Hi-Speed)にも対応。対応プロトコルは、TCP/IP(lpd、IPP、SMB、Port9100)、NetWare(IPX/SPX)など。電源はAC100Vで、消費電力は872W(最大1500W、スリープモード時8W以下)。本体サイズは幅700×奥行き779×高さ1005mm、重量は205kg。

『DocuPrint CG835 II』
『DocuPrint CG835 II』

『DocuPrint CG835 II』は、A3ノビ対応のDTP向けプリンター『DocuPrint CG835』の後継機。PDF1.6に対応したAdobe PostScript 3(バージョン3017.101)を標準装備するのが特徴。プロセッサーにはCeleron D 340J-2.93GHz、1024MB(プロセッサー用)+512MB(フレームメモリー)のメモリーを搭載し、解像度は600×600dpi(各色256階調/1670万色)で、A3ノビサイズに対応。DTP向けの機能として、特色に対応した分版合成機能や、2色印刷用のデータを確認できる2色印刷シミュレーション機能を搭載するほか、RGB画像やオーバープリントの設定、刷版段階で消えたりかすれたりするヘアライン、特色の誤設定などの印刷段階で発生するトラブルを、入稿前に検知して警告する機能などを搭載している。プリント速度はカラーで毎分8枚、モノクロで毎分35枚(A4ヨコ/普通紙)。給紙枚数は標準トレイが250枚、手差しトレイが150枚。

本体は、プリンターエンジンとプリンターサーバーで構成され、プリンターエンジンは『DocuPrint CG835 Lite』と同じで、本体サイズが幅650×奥行き647×高さ556mm、重量は約70kg。電源はAC100Vで、消費電力は最大1050W(低電力モード時21W以下)。プリンターサーバーは、プロセッサーやメモリー、60GBのHDDを内蔵し、OSにはWindows 2000 Professional(SP4)を採用。フォントはモリサワ2書体(リュウミンL-KL、中ゴシックBBB)と欧文136書体を搭載する。

インターフェースは10/100/1000BASE-Tを装備し、プロトコルはTCP/IP(FTP、LPD、IPP)、SMB、NetWare(IPX/SPX)、NetBEUI、AppleTalkをサポートする。対応OSは、Windows Server 2003、Windows XP x64 Edition、Windows XP/2000/NT 4.0/Me/98/95、Mac OS 7.6.1~9.2.2、Mac OS X 10.1.5/10.2.8/10.3.9/10.4.3。電源はAC100Vで、消費電力は最大200W。本体サイズは幅136×奥行き385×高さ355mm、重量は約10kg。15インチ液晶ディスプレーが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン