このページの本文へ

ソフトバンク、インターネットを利用した通信制の4年制大学“日本サイバー大学”を特区申請

2006年01月30日 17時17分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンク(株)は30日、インターネットを利用した通信制の4年制大学“日本サイバー大学(仮称)”の設立で、福岡市から構造改革特別区域計画認定申請書を2月1日に内閣府へ提出する予定であると発表した。同大学は、株式会社である(株)日本サイバー教育研究所によりすべての教育をインターネットで行なうのが特徴。

日本サイバー大学は、通信教育を利用し、年齢/職業/居住地域/国籍などの制約なしに学修の機会を提供することで、国際社会で活躍する人々を育成することを教育理念として設立するもの。特区に認定された場合、文部科学省に大学設置を申請し、認可を得た後、2007年4月に開設する予定としている。“コンピュータ&ビジネス学部”と“世界遺産学部”の2学部で、定員は各1000名。

日本サイバー教育研究所は、ソフトバンク取締役の宮内謙氏が代表取締役となっており、所在地は福岡県福岡市博多区沖浜町12番1号。資本金は1000万円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン