このページの本文へ

“i975X”搭載マザーでは最安!? MSI製「975X Platinum」が本日より入荷開始!!

2006年01月27日 21時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから“i975X”を搭載するLGA775対応マザーボード「975X Platinum」が発売された。すでに登場している他社メーカーの製品が3万円オーバーという価格に対し、実売約2万6000円と比較的安いというのが特徴だ。

975X Platinum
“i975X”を搭載するMSI製LGA775対応マザーボード「975X Platinum」
パッケージ
実売約2万6000円と比較的安いというのが特徴。各ショップとも入荷数は1~2枚と少ない

 この製品は、ASUSTeK「P5WD2-E Premium」「P5WDG2-WS」、Gigabyte「GA-G1975X」、インテル「D975XBX」に続く5モデル目となる“i975X”搭載のLGA775対応マザーボード。South bridgeには“ICH7R”を採用し、拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×2、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/最大8GBまで)という構成。8chサウンド(Realtek/AL883)やIEEE1394(VIA/6308P)、ギガビットイーサネット(Broadcom/BCM5751)、Serial ATA II×5(ICH7R+JMicron/JMB361 RAID対応)などをオンボードで搭載する。
 製品名となっている“Platinum”からもわかるように、この製品は同社の“i975X”搭載マザーのエントリーモデルという位置付けだ(同社の最上位モデルでは“Diamond”が使用される)。よってサウンド機能にSoundBlaster Audigy SEを使用しない点やギガビットイーサネットが1基のみとなるなど省かれている機能もあるが、それでも他社より約4000~5000円安い価格設定は魅力だろう。販売ショップは以下の通りだ。

South bridge インターフェイス
South bridgeに取り付けられたヒートシンクは独特のカラーリングが施されている。またSerial ATA IIはICH7Rによる4ポートとJMicronチップによる1ポートと変則的な作りとるリヤのインターフェイス類。。8チャンネルサウンド(Realtek/AL883)やIEEE1394(VIA/6308P)、ギガビットイーサネット(Broadcom/BCM5751)などを装備する
価格 ショップ
MSI
「975X Platinum」
\24,780 TWOTOP秋葉原本店
\24,800 高速電脳
\25,480 アーク
\25,780 ツクモパソコン本店II
\26,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ