このページの本文へ

オーバークロッカー注目のチップを搭載? 低レイテンシDDR2メモリがPatriot Memoryから登場!

2006年01月21日 23時55分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PATRIOT MEMORYからDDR2メモリ「PDC21G5600+XBLK」が登場した。Dual Channel対応のPC5600(DDR700) 512MBメモリが2枚セットになった製品で、キャスレイテンシはCL4-3-3-12、推奨電圧は1.9V~2.0Vとなっている。

「PDC21G5600+XBLK」
PATRIOT MEMORY製低レイテンシDDR2メモリ「PDC21G5600+XBLK」
スペックシール
Dual Channel対応のPC5600(DDR700) 512MB×2で、キャスレイテンシはCL4-3-3-12

 搭載しているチップはヒートスプレッダで覆われいているため不明だが、販売を行うOVERCLOCKWORKSによると「スプレッダの間からチップを覗いたところ、Micronチップのようだ」という。また、このチップは通常のチップよりもひとまわり大きい、いわゆる“大Micronチップ”と呼ばれるものと似ているとのこと。これが正しければオーバークロック耐性が高いとオーバークロッカーから最近注目を浴びているチップを採用した製品だ。価格はOVERCLOCKWORKSで2万5800円。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ