このページの本文へ

“nVIDIA nForce4 SLI X16”搭載マザーに2モデル目! Socket 939対応「K8N Diamond Plus」がMSIから発売に!

2006年01月20日 22時21分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに“nVIDIA nForce4 SLI X16”を採用することで、x16の帯域幅をもつPCI Express x16スロットを2本搭載するSocket 939対応マザーボード「K8N Diamond Plus」がMSIから発売された。

K8N Diamond Plus
“nVIDIA nForce4 SLI X16”を採用するMSI製Socket 939対応マザーボード「K8N Diamond Plus」
Athlon 64 FX 60
パッケージ中央にはAthlon 64 FX 60への対応BIOSを標準で搭載しているというシールが貼られている

 この製品は“nVIDIA nForce4 SLI”の上位モデル“nVIDIA nForce4 SLI X16”搭載するSocket 939対応のマザーボード。同GPUを採用した製品はASUSTeKからSocket 939対応の「A8N32-SLI Deluxe」とLGA 775対応の「P5N32-SLI Deluxe」が発売されているのみで、他社からの販売はまだされていなかった。x16の帯域幅をもつPCI Express x16スロットを2本搭載するまさにSLI本命マザーの名を欲しいままにしていた両モデルだったが、今回紹介する「K8N Diamond Plus」の登場によって、ようやくのライバル出現ということになりそうだ。

ヒートパイプ ファン
チップセットの冷却にはASUSTeKと同じくヒートパイプを使った冷却システムを採用する小型のファンでヒートシンクを冷却する仕組みだ

 拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x2×1(x4形状)、PCI Express x1×2、PCI×2、DDR DIMM×4(DDR400/4GB)。オンボードインターフェイスには8chサウンド(SoundBlaster Audigy SE 相当チップ)やIEEE1394、デュアルギガビットイーサネット、Serial ATA II(RAID 0/1/0+1対応)×4、Serial ATA II(Siliconimage Sil3132によるRAID 0/1対応)×2などを搭載。チップセットの冷却にはASUSTeKと同じくヒートパイプを使った冷却システムを採用するのも特徴だ。
 初回の流通量は全体的に少量。価格はBLESS秋葉原本店2万8800円、T-ZONE.PC DIY SHOPで2万8980円、ドスパラアキバ店で2万9480円。また明日から販売予定として高速電脳で2万7980円のほか、クレバリー1号店でも販売予定となっている。

拡張スロット ブラケット部
拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x2×1(x4形状)、PCI Express x1×2、PCI×2という構成オンボードインターフェイスも豊富で豪華な作りだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ