このページの本文へ

日立製作所、ボタン押したら1秒で撮影!――“秒撮”を備えるDVDビデオカメラの決定版“DVDカム Wooo(ウー)”の新製品3機種を発表!

2006年01月20日 18時22分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
3MピクセルCCDを備える最上位モデル『DZ-GX3300(B)』。ボディーカラーは艶やかな黒 新製品を両手に、デザインについて説明する日立製作所 ストレージメディア商品企画部 部長の山内浩人氏
3MピクセルCCDを備える最上位モデル『DZ-GX3300(B)』。ボディーカラーは艶やかな黒新製品を両手に、デザインについて説明する日立製作所 ストレージメディア商品企画部 部長の山内浩人氏

(株)日立製作所は20日、DVDビデオカメラ“DVDカム Wooo(ウー)”の新製品として、『DZ-GX3300』など3機種4モデルを発表した。ボタンを押すと約1秒で撮影可能になる“秒撮(びょうさつ)”モードを備えたほか、DVD+RWディスクへの記録も可能になるなど、使い勝手の改善を特徴としている。価格は全機種オープンプライス。

DZ-GX3300(S)、GX3300(B)
約331万画素CCD搭載、プレミアムシルバー(S)とクリスタルブラック(B)の2モデルをラインナップ
予想実売価格:12万円前後 発売日:2月下旬(S)、3月中旬(B)
DZ-GX3200
約212万画素CCD搭載、シルバー
予想実売価格:10万円前後 発売日:2月上旬
DZ-GX3100
約133万画素CCD搭載、ホワイト
予想実売価格:9万円前後 発売日:2月上旬
発表された3機種4モデル。カラーリング以外のデザインはほぼ共通で、CCD画素数以外の機能面も同等である ラインナップ説明。人気の300万画素モデルに重点を置いていて、月産台数も多く設定されている
発表された3機種4モデル。カラーリング以外のデザインはほぼ共通で、CCD画素数以外の機能面も同等であるラインナップ説明。人気の300万画素モデルに重点を置いていて、月産台数も多く設定されている

2000年にスタートした同社のDVDビデオカメラとしては6世代目に当たるという新製品は、同社が“完成形DVDカム”と呼ぶほどの自信作となっている。スペック面での拡張はおおむね従来機種で充実した点もあり、使い勝手やデザイン性の改良を重点に置いた機種となっている。新製品の特徴について説明した日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ デジタルメディア事業部 ストレージメディア商品企画部 部長の山内浩人氏は、新製品の上位機種GX3300のデザインについて、塗装に金属蒸着技術を利用して艶やかな銀または黒の塗装を施したと述べ、高級感のあるデザインを特徴に挙げた。ボディー自体もコンパクトで、miniDVテープを使うビデオカメラと比べても遜色ない。本体サイズはGX3300の場合、幅48×奥行き132×高さ91mm。重さは約470g(本体のみ、使用時は545g)となっている。

日立のDVDビデオカメラの系譜。2000年登場の初代機から数えて、今回の新製品は6世代目に当たる 新製品の4つの特徴。スペックの向上よりも使い勝手や商品としての質感を高める工夫を重視しているようだ
日立のDVDビデオカメラの系譜。2000年登場の初代機から数えて、今回の新製品は6世代目に当たる新製品の4つの特徴。スペックの向上よりも使い勝手や商品としての質感を高める工夫を重視しているようだ

機能面での特徴としては、まず秒撮モードの搭載が挙げられる。これはパソコンで言う“スタンバイモード”と似たような機能で、電源オフの代わりに秒撮ボタンを押してスタンバイ状態にしておくと、撮影時に1秒程度で撮影可能状態になるというものだ。旧製品では、4~6秒程度の起動時間が必要だったので、大幅な短縮となる。これによりDVDビデオカメラの弱点であった、起動時間の長さを克服し、撮りたいシーンを逃すことがないとしている。

またDVDメディアに記録した映像の中から、任意のシーンを選んで静止画(JPEG)に記録できる“静止画キャプチャー機能”も備えている。動画撮影中に静止画も撮れるビデオカメラは珍しくないが、カメラ本体だけで動画中から静止画をキャプチャーできるのは、DVDビデオカメラでは今回が初としている。一度録画したMPEG-2映像の中から、任意のシーンを選んで静止画にするため、画質面では静止画撮影モード(SDメモリーカードかDVD-RAMに記録)には及ばない(DVDビデオと同程度の解像度)が、シャッターチャンスを逃さないですむ点を利点としている。

“静止画キャプチャー機能”を使用している様子。撮影したビデオから撮りたいシーンを選んで、SDメモリーカードなどに書き出す
“静止画キャプチャー機能”を使用している様子。撮影したビデオから撮りたいシーンを選んで、SDメモリーカードなどに書き出す

ハードウェア面での特徴としては、内蔵の光ディスクドライブの対応記録メディアが増え、8cmサイズのDVD-RAM、DVD-R/RWに加えて、DVD+RWへの記録も可能になった。DVD-RAMやDVD-RWへの記録はDVD-VRモードなどで行なうが、DVD+RWは“DVD+RWビデオ規格”で記録する。DVD+RWでは撮影後のファイナライズが不要といった特徴があるという。最長記録時間は、両面DVDメディアに約120分(STDモード)となっている。SDメモリーカードスロットも備えているが、SD側には静止画のみ記録可能である。

新製品が対応する8cmディスクメディア。DVDビデオカメラ用メディアの全種類に記録できる 本体側面の液晶ディスプレーは2.7インチワイドサイズ。ボタン類もコンパクトかつ押しやすくまとまっている
新製品が対応する8cmディスクメディア。DVDビデオカメラ用メディアの全種類に記録できる本体側面の液晶ディスプレーは2.7インチワイドサイズ。ボタン類もコンパクトかつ押しやすくまとまっている

モニター用液晶ディスプレーには、2.7インチワイドサイズの12万画素液晶パネルを採用。CCD撮像素子はGX3300の場合、1/3インチサイズで総画素数約331万画素、ビデオ撮影時有効画素数約218万画素、静止画時約305万画素となっている。レンズはF1.8~3.0で、光学10倍ズームも可能。手ぶれ補正は電子式となっている。本体付属のバッテリーでの最大撮影時間は、約105分(GX3300)/約125分(GX3200)/約145分(GX3100)となっている。

パソコンとの接続用にはUSB 2.0端子を備える。また今回よりWindows用ビデオ編集/DVDライティングソフトに加えて、Mac OS X用のビデオ編集/DVDライティングソフトも付属するようになった。Windows XP用として『ImageMixer 3』が、Mac OS X用には『Pixe VRF Browser EX』と『ImageMixer VCD/DVD2』の計3本が付属する。

TV CMにはWoooブランドキャラクターの黒木瞳さんを起用し、秒撮モードによる撮り逃しなしを強調する
TV CMにはWoooブランドキャラクターの黒木瞳さんを起用し、秒撮モードによる撮り逃しなしを強調する

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン