このページの本文へ

65nmのシングルコア搭載CPU“Pentium 4 6x1”シリーズが本日デビュー!!

2006年01月19日 19時16分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 年明け早々、製造プロセス65nmの新型デュアルコア“Presler”を搭載した“Pentium D 9xx”シリーズが発売されたが、今度はそのシングルコアモデルとなる“Pentium 4 6x1”シリーズがデビューとなった。

3モデル
“Cedar Mill”コアを搭載する製造プロセス65nmの新型CPU“Pentium 4 6x1”シリーズ

 “Pentium 4 6x1”シリーズは、開発コードネーム“Cedar Mill”コアを搭載する製造プロセス65nmの新型CPU。先日登場したばかりのデュアルコアCPU“Pentium D 9xx”シリーズのシングルコア版となる製品だ。ラインナップは「Pentium 4 631/641/651/661」。2次キャッシュ容量は2MBとなりクロック周波数は3.0GHz(631)/3.2GHz(641)/3.4GHz(651)/3.6GHz(661)となる。パッケージサイドのスペックシールによると最大動作電圧は1.3V。また同社ウェブサイトののスペックシートによるとTDPはいずれも86Wとなっている。

パッケージ スペック
パッケージパッケージサイドのスペックシールによると最大動作電圧は1.3V。また同社ウェブサイトののスペックシートによるとTDPはいずれも86Wとなっている

 今回発売となったのは全4モデルのうちの下位3モデル。最上位モデルとなる「Pentium 4 661」の入荷は確認されていない。販売しているのはドスパラ本店と同アキバ店。価格は「Pentium 4 631」が2万4580円、「Pentium 4 641」が3万980円、「Pentium 4 651」が3万8880円となっており、入荷量は少量となっている。
 なお対応マザーボードは先日発売されたばかりの“i975X”搭載モデルのほか、従来の“i945P/G”などで、すでに“Cedar Mill”対応をうたう製品が昨年末から出回っている。

651 Pentium 4 651
最上位モデルとなる「Pentium 4 661」の入荷は確認されていない「Pentium 4 651」S-SpecはSL94W
Pentium 4 641 Pentium 4 631
「Pentium 4 641」S-SpecはSL94X「Pentium 4 631」S-SpecはSL94Y
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ