このページの本文へ

「AS Power SR-1450A」がマイナーチェンジ! アビーから480W電源「AS Power SR-2480A」が明日登場予定!

2006年01月18日 20時36分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前紹介したアビー製の電源「AS Power SR-1450A」の後継モデル「AS Power SR-2480A」が明日登場する予定だ。

「AS Power SR-2480A」
アビー製480W電源「AS Power SR-2480A」。12cm角ファンを1基搭載している
“ターボパワースイッチ”
メッシュ仕様の背面には切り替えスイッチを搭載。+12Vを1系統と2系統で使い分けることができる

 「AS Power SR-2480A」は容量が従来モデル「AS Power SR-1450A」の450Wから480Wへ増加した。また、同社製のハイエンド電源に採用されている“ターボパワースイッチ”と呼ばれる電圧切り替えスイッチを搭載している。“ATX12V Ver.2.2に準拠した用途で使う場合は“SPLIT”モードで、デュアルCPUや多数のHDDを搭載するなどの高負荷システムの場合は“COMBINED”モードで稼働させることが可能だ。
 「AS Power SR-1450A」同様、12cm角ファンを1基搭載しており、回転数は温度に応じて自動制御される。容量は定格480W、瞬間最大出力580W。PCが最もパワーを必要とするのは起動時で、瞬間最大出力はこの時に発揮されるが、一般的な電源では起動後30秒間最大出力を持続させるところを、同製品では60秒間持続。PCを安定稼動させるために余裕を持たせた設計となっている。コネクタ数は、ATXメイン(20/24ピン)×1、ATX12V×1、EPS12V(4+4ピン)×1、PCI-Express(6ピン)×1、FDD用×2、ドライブ用4ピン12V×9、Serial ATA用×4。サイズは150(W)×160(D)×85(H)mm。ラオックス ザ・コンピュータ館、T-ZONE.PC DIY SHOP、Onenessなどで明日発売予定で、予価は1万2800円前後。

ケーブル コネクタ
同社製の電源といえば“AS Power ER”シリーズに見られる着脱式のケーブルの印象が強いが、“AS Power SR”シリーズのケーブルは着脱式ではないすべてのコネクタ端子には金メッキコーティングが施されている。同社によるとノイズ低減や、抜き差しを繰り返した場合の劣化を防ぐ効果があるという
※お詫びと訂正:当初、「AS Power SR-2480A」の製品名が「AS Power ER-2480A」となっておりました。また、本製品は「AS Power ER-1480A」ではなく「AS Power SR-1450A」の後継モデルになります。重ねてお詫びし、訂正いたします。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ