このページの本文へ

17種類のメディアに対応した外付けカードリーダ/ライタが17日にオウルテックから登場予定!

2006年01月12日 21時39分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オウルテックから17日に発売予定となっているUSB接続の外付けカードリーダ/ライタ「FA405MX-E」のサンプルが秋葉原のショップに入荷している。すでに発売されている3.5インチベイ内蔵型の「FA405MX」を外付けタイプにしたもので、計17種類のメディアに対応している。

「FA405MX-E」 カラーバリエーション
オウルテックから17日発売予定の外付けカードリーダ/ライタ「FA405MX-E」。有害物質の使用を制限した“RoHS指令”にも対応しているカラーはホワイト/ブラック/シルバー/ブルーの4色を用意

 最大の特徴は、従来モデルの2~3倍の書き込み速度を実現すると言われるxD-ピクチャーカードの最新規格“Type-H”に対応していることだ。装備されているスロットは、xD/SMスロット×1、SD/MMCスロット×1、MS/MS PROスロット×1、CF/MDスロット×1の計4つ。この4スロットで合計17種類ものメディアに対応する(対応メディアは下記の表の通り)。TransFlashを読み書きするには変換アダプタが必要なため、同社では対応メディアを“17in1”ではなく“16in1プラス1”と表記している。
 USBケーブルは本体内に収納できるため持ち運びに便利。また、ホコリなどの進入を防ぐスロットカバーが付属している。本体は、アイコン表示ユーティリティに対応しており、ドライブアイコンを変更して各スロットの対応メディアを分かりやすく表示可能だ。対応OSはWindows XP x64/XP/2000/Me/98SE。本体のサイズは91.5(W)×69.5(D)×17.2(H)mmで、重量は88g。カラーはホワイト/ブラック/シルバー/ブルーの4色を用意。各ショップの予価は、フェイスで1970円、TWOTOP秋葉原本店とTSUKUMO eX.で1980円。なお、価格は未定だが俺コンハウスでも販売を予定している。

スロットカバー
miniSDカードやメモリースティックDuoなどの小型メディアカードでも、アダプタ無しで装着が可能だ付属のスロットカバーを装着すればホコリなどの進入を防ける
スロットカバー
USBケーブルは本体内に収納できるため、持ち運びのときに邪魔にならない。また、ケーブルをカバンや引き出しなどから探し出す手間も省けるケーブル長は70mm。ちょっと短い?
16種類の対応メディア
xD-ピクチャーカード 16MB~
xD-ピクチャーカード TypeM 256MB~
xD-ピクチャーカード TypeH 512MB~
メモリースティック 4MB~
メモリースティック Duo 4MB~
メモリースティック PRO 256MB~
メモリースティック PRO Duo 256MB~
SDメモリーカード (20MB転送対応) 8MB~
mini SDカード 8MB~
マルチメディアカード (MMC/MMC4.0) 8MB~
RS-MMC 32MB~
マイクロドライブ 340MB~
コンパクトフラッシュ Type-I 4MB~
コンパクトフラッシュ Type-II 4MB~
コンパクトフラッシュ Type-II HDD 2.2GB~
スマートメディア (3.3V) 4MB~
+1種類の対応メディア
TransFlash 32MB~(要変換アダプタ)
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ