このページの本文へ

NEC、コストパフォーマンス重視のミニタワーパソコン“ValueOne MT”をラインナップ一新

2006年01月24日 11時50分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)(NEC)は24日、コストパフォーマンス重視のミニタワーパソコン“ValueOne”のラインナップを一新したと発表した。インテル製CPUを搭載するアドバンストタイプは最上位モデルにPentium D 830-3GHz(従来の最上位機種はPentium D 820-2.80GHz)を、AMD製CPUを搭載するベーシックタイプは上位機種にAthlon 64 3500+-2.2GHz(従来はAthlon 64 3200+-2GHz)をそれぞれ採用し、新たにベーシックタイプの液晶ディスプレー&Office 2003 Personal Editionセットモデル(1製品)を追加したのが特徴。価格はオープンプライスで、主なスペックと編集部による予想実売価格は以下のとおり。

最上位モデル『ValueOne MT MT850/3A』
デュアルコアのPentium D 830搭載で実売15万5000円程度と見られる最上位モデル『ValueOne MT MT850/3A』

アドバンストタイプ

製品名(型番)
MT850/3A、MT800/3A、MT600/3A
CPU
Pentium D 830-3GHz、同 820-2.80GHz、Pentium 4 630-3GHz
チップセット
インテル945G
メモリー
PC2-4200対応DDR2 SDRAM 512MB(デュアルチャネル対応、最大4GB)
グラフィックス
チップセット内蔵
液晶ディスプレー
オプション
HDD
約500GB(約250GB×2のRAID 0構成)、約250GB、約160GB
(すべてシリアルATA接続、毎分7200回転タイプ)
光ドライブ
DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
DVD-RAM 5倍速/DVD±R DL 4倍速/DVD±R 16倍速/DVD+RW 8倍速/DVD-RW 6倍速など
拡張スロット
PCI Express x16×1(空き1)/PCI×3(空き2)/7メディア対応メモリーカードスロット
ドライブベイ
5インチ×2(空き1)/3.5インチ×4(空き2)(MT850/3A)、5インチ×2(空き1)/3.5インチ×4(空き3)
通信
10/100/1000BASE-T対応Gigabit Ethernet
インターフェース
USB 2.0×7/シリアル/パラレル/PS/2×2/アナログRGB出力(ミニD-Sub15ピン)/オーディオ入出力
本体サイズ
幅175×奥行き420×高さ40mm
重量
約13kg(MT850/3A)、約12kg
OS
Windows XP Home Edition SP2
予想実売価格
15万5000円前後、12万5000円前後、10万5000円前後


液晶ディスプレーセットのベーシックモデル『ValueOne MT MT470/3D』
ValueOne MTで初の液晶ディスプレーセット、AMD製CPUを搭載したベーシックモデルの『ValueOne MT MT470/3D』

ベーシックタイプ

製品名(型番)
MT470/3D、MT400/3A、MT200/3A、MT100/3A
CPU
Athlon 64 3500+-2.2GHz(上位2機種)、Sempron 3200+-1.8GHz(下位2機種)
チップセット
SiS 761GX+SiS965L
メモリー
PC3200対応DDR SDRAM 512MB(上位3機種)、同 256MB(下位1機種)(最大2GB)
グラフィックス
チップセット内蔵
液晶ディスプレー
17インチSXGA表示スーパーシャインビューEX液晶ディスプレー(MT470/3D)、オプション
HDD
約250GB(上位2機種)、約160GB、約80GB
(すべてシリアルATA接続、毎分7200回転タイプ)
光ドライブ
DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
拡張スロット
PCI Express x16×1(空き1)/PCI×3(空き2)/7メディア対応メモリーカードスロット
ドライブベイ
5インチ×2(空き1)/3.5インチ×4(空き3)
通信
10/100BASE-TX対応Ethernet
インターフェース
USB 2.0×7/シリアル/パラレル/PS/2×2/アナログRGB出力/オーディオ入出力
本体サイズ
幅175×奥行き420×高さ40mm
重量
約11kg
OS
Windows XP Home Edition SP2
予想実売価格
15万円前後、9万円前後、8万円前後、7万円前後

筐体は2005年10月発表のモデルから変更なく、側面から見るとベースのシルバー(金属部分)と前面カバーの黒(樹脂部分)が中ほどで交差する“X-Line Design(クロスラインデザイン)”を採用。PCI Express x16スロットも装備するので、使用目的に応じて機能強化も行なえる。


また、同時に直販サイト“NEC Direct”でも店頭販売モデルと同等製品となる『ValueOne G タイプMTアドバンスト』『同 タイプMTベーシック』の受注を開始している。出荷は27日開始予定。アドバンストではCPUにCeleron D 346-3.06GHz、ベーシックではAthlon 64X2 3800+-2GHz(デュアルコアCPU)を選択可能なほか、

  • メモリーやHDDの搭載容量の増減
  • 光ドライブをCD-ROM、CD-R/RW&DVD-ROM対応コンボドライブなどへの変更
  • 20インチもしくは17インチの液晶ディスプレーとの組み合わせ
  • Office 2003 Personal Edition/同 Professional Editionのセット
  • 3年間メーカー保証/3年間出張修理保証などのサポートメニュー

を選択できる“セレクション・メニュー”が用意されている。詳細は同社ウェブサイトを参照いただきたい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン