このページの本文へ

【特別企画】気になるアレの中身は? アキバで売っていた福袋を買ってみた!

低価格製品が飛ぶように売れていたTWOTOP秋葉原本店

2006年01月01日 21時40分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TWOTOP秋葉原本店

 元日から営業をしているパーツショップが少ない中、TWOTOP秋葉原本店は11時から営業を開始。福袋の販売も行なっていた。マザーなどで構成した8万円近くの福袋などのほか、数千円と比較的安価なものも用意しており、多くの人が購入していた。途中、低価格の福袋が品切れすると、バックヤードで即座に袋に製品を詰め込み店頭に出す一幕も。低価格なものの中で気になったのが、2380円と価格の割には5万円のものと大きさのかわらない福袋。同店ではこの製品を購入してみた

店頭の福袋 TWOTOP秋葉原本店の福袋
福袋の中身は閉ざされていて分からないものの、ヒントが書かれており、だいたい何が同梱されているのかわかるようになっているヒントも何も書かれていなかったTWOTOP秋葉原本店の2380円の福袋。重さもそこそこで期待大
開けてみた
開けてみると“120枚”という文字が! ケースだったか……中に入っていたのはテクニカジャパンのCD/DVDケース。頑丈そうだ
鍵付き メディア
鍵付きだから、秘密を守れるそのほかリコーの8倍速対応DVD+Rメディアと“国産”としか表記のない4倍速対応DVD-Rメディアがそれぞれ10枚ずつ同梱されていた

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ