このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

手軽にデュアルディスプレイが可能になるグラフィックボックス「DualHead2Go」がMatroxから!

2005年12月22日 20時41分更新

文● 増田

 Matroxから昨日のビデオカードに続いて新製品が登場している。本日発売されたのは、PC側から出る1個のVGA出力を2つに出力可能にするというグラフィックボックス「DualHead2Go」(型番:D2G/A)。手軽にデュアルディスプレイが可能になるという製品だ。

DualHead2Go
手軽にデュアルディスプレイが可能になるグラフィックボックス「DualHead2Go」
使用例
VGA出力端子を装備したPCであればノートでも使用可能だ

 この製品はサイズ92(W)×95(D)×25(H)mm、重さ134gの手のひらサイズのマルチモニタ対応グラフィックボックス。使い方は単純でPC側から出るVGA出力をこのボックスに挿し、反対側の2個のVGAポートから出力するというもの。これでデュアルディスプレイが可能となる。対応OSはWindows 2000/XP。解像度は2048×768、2560×1024ドットをサポートし、もちろんVGA出力端子を装備したPCであればノートでもかまわない。
 ただし注意しなければならないのが、現時点でインテル及びATIのチップにのみ対応としているところ(同社では今後はnVIDIA社のチップにも対応予定としている)。インフォマジックのウェブサイトでは「DualHead2Goご購入の前に」という専用ページを設けて“Matrox社動作確認リスト”と“インフォマジック独自の動作確認リスト”を掲載しているほか、リストに無いシステムでの利用を検討している人向けの互換性確認ツール“the Matrox DualHead2Go Compatibility Tool”を用意している。購入前に一度目を通しておくことをオススメする。価格はBLESS秋葉原本店で2万980円、TSUKUMO eX.で2万1580円、アークで2万1630円となっている。

注意事項 ポップ
現時点で対応するのはインテル及びATIのチップにのみ。パッケージやポップにも注意事項が記載されているのでよく確認してから購入したい
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ