このページの本文へ

エルピーダメモリ、80nmプロセスの2Gbit DDR2 SDRAMのサンプル出荷を開始

2005年12月19日 23時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エルピーダメモリ(株)は19日、80nmプロセスの2Gbit DDR2 SDRAMのサンプル出荷を開始したと発表した。

『EDE2108AASE-5C-E DDR2-533』
『EDE2108AASE-5C-E DDR2-533』

これは6月に開発完了を発表したもの。電源電圧は1.8V±0.1Vで、クロック周波数は800MHz(DDR2-800)/667MHz(DDR2-667)/533MHz(DDR2-533)。パッケージは68ボールのFBGA。

ラインアップは、64Mword×4bit×8bank構成の『EDE2104AASE-8G-E DDR2-800』『EDE2104AASE-6E-E DDR2-667』『EDE2104AASE-5C-E DDR2-533』と、32Mword×8bit×8bankの『EDE2108AASE-8G-E DDR2-800』『EDE2108AASE-6E-E DDR2-667』『EDE2108AASE-5C-E DDR2-533』の6品種。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン