このページの本文へ

静音PCに最適!? モバイル向けGPU“Mobility FIREGL T2”を搭載するビデオカードがJETWAYから

2005年12月15日 23時03分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ATIのDirectX 9.0をサポートするモバイルワークステーション向けGPU“Mobility FIREGL T2”を搭載するというAGP対応ビデオカード「96MXAT128C」がJETWAYから登場した。入荷したのはテクノハウス東映とパソコンハウス東映で、価格は6980円だ。

Mobility FIREGL T2
ATIのDirectX 9.0をサポートするモバイルワークステーション向けGPU“Mobility FIREGL T2”
カード本体
カード本体はファンレス仕様のシンプルな製品。静音PCなど限られた用途には使えそうな製品だ

 “Mobility FIREGL T2”はOpenGLやDirectX 9.0をサポートするのモバイルワークステーション向けGPU。ただしパッケージには“Mobility RADEON 9600”搭載と記載されている。そもそも“Mobility FIREGL T2”は同社の“FireGL 9600” をベースにしたGPUのようなので、このあたりが関係しているのかもしれない。
 カード本体はファンレス仕様のシンプルな製品で、インターフェイスもVGAとTV-OUT(ケーブル付属)のみ。搭載メモリはDDR 128MBとなる。パフォーマンスでは昨今のビデオカードに及ばないものの、モバイル向けGPUを採用したことで静音PCなど限られた用途には使えそうな製品だ。なお、テクノハウス東映では“Mobility RADEON 7500”搭載カードも来週入荷予定。こちらは予価3980円となっている。

パッケージ インターフェイス
JETWAYのパッケージには“Mobility RADEON 9600”搭載と記載されているインターフェイスもVGAとTV-OUT(ケーブル付属)のみ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ