このページの本文へ

MCJ、ターボリナックス/きっとエイエスピー/シネックスとシンクライアントソリューションの提供を開始

2005年12月12日 20時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エムシージェイは12日、ターボリナックス(株)、(株)きっとエイエスピー、(株)シネックスの3社と、シンクライアントソリューションの開発/販売で提携すると発表した。同日より販売を開始する。価格は52万2900円。

ホストPC クライアントPC
ホストPCクライアントPC

販売するシンクライアントソリューションは、“ホストPC”(Windows搭載パソコン)と5台の“クライアントPC”(Turbolinux搭載パソコン)を組み合わせ、SBC(Server Baserd Computing)に対応した米GraphOn社のアプリケーションホスティングソフト“Go-Global”の動作環境を構築したシステムパッケージ。ホストPCは、Pentium 4 630-3.0GHz、1GBのメモリー、160GBのHDDを搭載したマイクロタワーモデル、クライアントPCはCeleron D 335-2.80GHz、256MBのメモリー80GBのHDDを搭載したスリムモデルとなっており、ホスト/クライアントPCはB.T.O.に対応。

各社の役割は、ターボリナックスが強固なセキュリティー機能を搭載したLinux OSの開発/提供、きっとエイエスピーが国内販売権持つ“Go-Global”の提供と関連ソフトのサポート、シネックスがホストの開発支援とパソコンの主要部品の購買やOEM向けソリューションシステムの提案/販売、MCJがマーケティングや製品開発、販売/サポートを行なう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン