このページの本文へ

ASUSTeKから“GeForce 6100”+“ nForce 410”を搭載した「A8N-VM」が発売に!

2005年12月10日 21時44分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKからチップセットに“GeForce 6100”+“nForce 410”を搭載した「A8N-VM」が発売された。以前紹介した「A8N-VM CSM」の下位モデルとなる。

チップセットに“GeForce 6100”+“ nForce 410”を搭載した「A8N-VM」。「A8N-VM CSM」の下位モデル
DVI端子やIEEE 1394ポートが省かれている

 「A8N-VM CSM」からの変更点は、チップセットが“GeForce 6150”+“nForce 430”から前述の構成になっているほか、DVI出力端子やIEEE 1394を非搭載としているところなど。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2、DDR DIMM×4(DDR400/4GB)という構成で、“ nForce 410”によるSerial ATA II×2(RAID 0/1対応)をサポートする。そのほか6chオーディオやUSB 2.0×8、Realtek製“RTL8201CL”チップによる100/10 Base-Tをオンボード搭載する。なお、パッケージには注意書きが添付されており、出荷時のBIOSバージョンで使用すると、一部メモリに不具合が発生するとしている。現在公開されている最新のBIOSバージョン“C506”にアップデートすることにより解消するとしているので、手持ちのメモリが使用できるかどうか事前にチェックしておこう。価格は以下の表の通り。

Serial ATA II 拡張スロット
“ nForce 410”によるSerial ATA II×2(RAID 0/1対応)をサポート。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2
スロット 注意書き
DDR DIMM×4(DDR400/4GB)という構成だが、出荷時のBIOSバージョンのままだと不具合が生じる場合があるので注意同梱されている注意書き
ASUSTeK
「A8N-VM」
\9,240 USE'S SIDE
\9,280 TWOTOP秋葉原本店
フェイス
\9,380 BLESS秋葉原本店
\9,397 クレバリー1号店
\9,480 ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
\9,800 高速電脳
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ