このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

“すべてのSocket 754 CPU対応”ってTurionは? GigabyteからMicro ATXマザー「GA-K8N51GMF」が登場!

2005年12月07日 20時28分更新

文● 北村

 GigabyteからSocket 754対応のMicro ATXマザーボード「GA-K8N51GMF」が登場した。チップセットに“GeForce6100”+“nForce410”を採用しており、Serial ATA II(3Gb/s)×2を搭載するのが特徴だ。

「GA-K8N51GMF」
Socket 754対応のGigabyte製Micro ATXマザー「GA-K8N51GMF」
Serial ATA II×2
Socket 754で初のSerial ATA II(3Gb/s)×2を搭載する。RAIDは0/1/0+1をサポート

 拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2、DDR400に対応したメモリスロットを2本搭載(最大2GBまで)という構成になっている。Socket 754マザーでは初となる2本のSerial ATA IIポート(3Gb/s)は、RAID 0/1/0+1をサポート。オンボードインターフェイスは、チップセット内蔵のVGA機能、USB 2.0×8、IEEE 1394×1、100/10 Base-Tイーサネット、8chサウンドなど。オンボードビデオメモリは最大128MBまでメインメモリからシェア可能となっている。なお、対応CPUは同社のウェブサイトによるとAthlon 64/Sempronとなっているが、パッケージには“すべてのSocket 754 CPU対応”と書かれていることから、Turion 64をサポートする可能性がある。いわゆる“人柱”ユーザーからの報告が気になるところだ。価格はBLESS秋葉原本店で8980円、スリートップ2号店で9000円、パソコンハウス東映で9180円、高速電脳とツクモパソコン本店IIで9380円。

リアインターフェイス パッケージ
リアインターフェイスは、USB 2.0×4、IEEE 1394×1、100/10 Base-Tイーサネット、8chサウンドなどパッケージには“すべてのSocket 754 CPU対応”と書かれていることから、Turion 64をサポートする可能性もある
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ