このページの本文へ

【人気記事ランキング(11月28日~12月4日)】ついに「mini PC」が登場! また変わり種ケースが注目に!

2005年12月06日 23時19分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
 

 永らく待たされたAOpen製の小型PC「mini PC」が1日に発売となった。従来はCeleron Mモデルのみ先行して発売するとアナウンスされていたが、蓋を開けてみればベアボーンPCとして登場した。Socket 479に対応しており、サポートするCPUはDothanコアのPentium M 1.73GHzまでと、Celeron M 360(1.4GHz)~380(1.6GHz)。 BaniasコアのPentium MやCeleron Mには非対応だ。そのほかDVD+R DL書き込み最大2.4倍速の記録型DVDドライブを標準搭載している。小型PCファンならずとも、気になる製品だ。

本体
Open製の小型PC「mini PC」。ベアボーンPCとして登場した
内部
内部の様子。マザーボード上にはmini PCIスロットも用意されている

 そのほかでは、PCケースに注目が集まった。SilverStoneからは7インチの液晶タッチパネルを搭載する横置きATXケース「SST-LC18」が登場した。表示画素数は640×480~1600×1024ドット。タッチパネルは専用ソフトをインストールすることで使用可能で、接続はUSBとなっている。HTPC風ケースのため、リビングPCとして使用できそうだ。またシグマA・P・Oから、ATX/BTX両対応のPCケース「雷電」(CBX01シリーズ)が登場した。同社曰く「旧帝国海軍局地戦闘機の名前を付けることによりゲーム専用マシンとしての付加価値を創出した」とのことで、ことのほか力が入っている製品。ファンダクトやブラケットなどが同梱された付属のBTXキットにより、BTX規格のマザーボードがマウント可能となる。このあたりは将来ATXからBTXへ移行を視野に入れているユーザーにとっては嬉しいところだろう。

シルバーストーン シグマ
SilverStoneの7インチの液晶タッチパネルを搭載する横置きATXケース「SST-LC18」。リビングPCやHTPCとしての利用もできるだろうATX/BTX両対応のPCケース「雷電」。将来ATXからBTXへ移行を視野に入れているユーザーにとっては嬉しいところ
ランク 掲載日 タイトル
1 2005-12-1 AOpenからついに「mini PC」が登場! 価格は4万円台半ば!
2 2005-11-22 7インチの液晶タッチパネルを搭載する高級HTPC風PCケースがSilverStoneから発売に!!
3 2005-11-24 名機“雷電”の名を冠する本格派PCケースがシグマA・P・Oから! ATX/BTXの両対応!
4 2005-11-29 ケース外にはみ出すヒートシンクを標準装備した“GeForce 6600GT”搭載ビデオカードがGigabyteから発売に!
5 2005-12-2 マザーボードマニア必見!? ATI“RADEON XPRESS 200”を搭載するインテル純正マザーが発売!
6 2005-11-26 USBやIEEE1394はもう古い!? “eSATA”対応5ポートハブが玄人志向からも発売に!
7 2005-12-3 【秋葉原】自分へのご褒美にいかが? インテル系キューブ型ベアボーンPC実売価格調査
8 2005-12-1 星野金属工業と九十九電機のコラボレーションモデル「ALTIUM SUPER X T-Style」の店頭販売がスタート!
9 2005-11-30 東プレ製日本語91キーボード初のブラックモデル「Realforce91UBK」の予約開始!
10 2005-11-29 Lian-Liのアルミ製PCケースにKoolance製水冷キットを標準装備! 水冷ケース「PC3-426BK+」が発売

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ