このページの本文へ

日本BEA、旧プラムツリー事業を引き継ぎ――製品名も“BEA AquaLogic”に

2005年12月06日 19時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本BEAシステムズ(株)は6日、米BEAシステムズ(BEA Systems)社が10月20日に米プラムツリーソフトウェア(Plumtree Software)社の買収を完了したことを受け、日本BEAが日本市場でのプラムツリー製品の事業を2006年2月をめどに引き継ぐと発表した。

企業ポータル構築ソリューションの旧プラムツリー製品は、同社製品と補完関係にあるもので、今後は、SOA(サービス指向アーキテクチャー)サービス基盤“BEA AquaLogic製品ファミリー”のポータル製品となる。

これにより、製品名(プラムツリー5.0系以前)は、“Plumtree Corporate Portal”が“BEA AquaLogic Interaction”に、“Plumtree Content Server”が“BEA AquaLogic Interaction Publisher”に、“Plumtree Collaboration Server”が“BEA AquaLogic Interaction Collaboration”に、“Plumtree Studio”が“BEA AquaLogic Interaction Studio”に、“Plumtree Analytics Server”が“BEA AquaLogic Interaction Analytics”に、“Plumtree Integration Products”が“BEA AquaLogic Interaction Integration Services”に変更になる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン