このページの本文へ

プラネックス、Super GとXRに対応したPCIバス用のIEEE 802.11b/g無線LANカード『GW-DS54SGX』を発売

2005年12月06日 17時14分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は6日、米アセロス・コミュニケーションズ社の無線LAN高速化技術“Super G”と長距離化技術“XR”に対応したPCIバス用のIEEE 802.11b/g無線LANカード『GW-DS54SGX』を12月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。直販サイト“PLANEX Direct”では7980円で販売する。

『GW-DS54SGX』
『GW-DS54SGX』

『GW-DS54SGX』は、IEEE 802.11b/g準拠の無線LANに対応したPCIバス用カードで、セキュリティー機能は、128bit/64bit WEP、WPA(PSK/IEEE 802.1x、TKIP/AES)、WAP2(PSK/IEEE 802.1x、AES)に対応する。カードサイズは幅119.9×奥行き40.1×高さ4.3mm(ブラケットを除く)、重量は28g(ブラケットとアンテナを除く)。消費電力は最大2W(3.3V)。対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE。対応機種はPCIバス(2.3)を搭載したPC/AT互換機。Low Profile(ロープロファイル)用のブラケットやダイポールアンテナ、外部アンテナ(卓上ダイポールアンテナ/ケーブル長1m)も同梱される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン