このページの本文へ

日本HP、Windows Mobile 5.0搭載Pocket PC『HP iPAQ rx1950 Pocket PC』など4機種を発表――無線LAN対応で2万9820円から

2005年12月01日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は1日、携帯情報端末(PDA)“HP iPAQ Pocket PC(エイチピー アイパック ポケット ピーシー)”の新製品として、Windows Mobile 5.0 for Pocket PC日本語版を搭載した『HP iPAQ rx1950 Pocket PC』など4機種を発売すると発表した。ラインアップは、無線LAN機能を搭載したエントリーモデル『HP iPAQ rx1950 Pocket PC』、CF Type IIとSDIO/MMC対応のカードスロットとBluetooth機能を搭載した『HP iPAQ hx2190 Pocket PC』、無線LAN機能を追加した上位モデル『HP iPAQ hx2490 Pocket PC』、さらに指紋認証機能も搭載した最上位モデル『HP iPAQ hx2790 Pocket PC』。価格は、rx1950が2万9820円、hx2190が3万6540円、hx2490が4万9980円、hx2790が6万4890円。rx1950とhx2190はHP Directplus専用モデルとして同日より販売し、hx2490とhx2790は12月下旬に販売を開始する。

rx1950 hx2190 hx2790
『HP iPAQ rx1950 Pocket PC』『HP iPAQ hx2190 Pocket PC』『HP iPAQ hx2790 Pocket PC』

新機種は、Windows Mobile 5.0を搭載し、Excel Mobileでグラフを作成したりWord Mobileで画像を含む文書を表示したりできるようになり、PowerPoint Mobileでプレゼンテーション資料の確認なども行なえるようになったほか、不揮発性メモリーがサポートされたことでメインバッテリーが切れてもバックアップバッテリーでPDA内のデータを保持できるようになったのが特徴。

エントリーモデルの『HP iPAQ rx1950 Pocket PC』は、IEEE 802.11b準拠の無線LAN機能(Wi-Fi/128bit WEP/WPA/802.1x対応)を搭載し、無線LANスポットなどでメールを受信したりウェブを閲覧したりできるほか、市販のSDカード型PHSデータ通信カードを利用することも可能。韓国サムスン電子社のSC32442-300MHz、64MBのフラッシュメモリー(利用可能領域28MB)、32MBのSDRAM(利用可能領域12MB)を搭載し、ディスプレーには3.5インチ半透過型TFT液晶パネル(240×320画素/6万5536色/タッチスクリーン/可変バックライト付き)を採用。インターフェースは赤外線(IrDA 1.2)、クレードル用(USB 1.1)とシリアルを装備する。本体サイズは幅71×奥行き13.5×高さ114mm、重量は約125g(標準バッテリー込み)。標準バッテリー(リチウムイオン/1100mAh)は着脱式で、最大約8時間の駆動が可能(非通信状態)。オプションの大容量バッテリーも利用できる。保証期間は1年間(グローバル対応)で、センドバック修理となる。

『HP iPAQ hx2190 Pocket PC』は、インテルPXA270-312MHz、128MBのフラッシュメモリー(利用可能領域70MB)、64MBのSDRAM(利用可能領域41MB)、3.5インチ半透過型TFT液晶パネル(240×320ドット/6万5536色/タッチスクリーン/可変バックライト付き)を搭載したモデル。無線LAN機能は搭載していない代わりに、Bluetoothに対応したのが特徴。起動時のパスワード設定、連絡先/メールなどのデータの暗号化、特定フォルダーの暗号化などが可能なセキュリティーツール“HP ProtectTools”も搭載されている。カードスロットはCF Type II用とSDIO/MMC用を搭載する。インターフェースはIrDA 1.2、クレードル用、シリアルを装備し、マイクとスピーカーを内蔵する。バッテリーは着脱式のリチウムイオン(920mAh)で、最大約8時間の駆動が可能(非通信時)。本体サイズは幅76×奥行き16×高さ119mm、重量は約164g(標準バッテリー込み)。

『HP iPAQ hx2490 Pocket PC』は、プロセッサーをPXA270-520MHzにアップグレードし、IEEE 802.11b準拠の無線LAN機能を追加した上位モデル。着脱式バッテリーの容量が増やされており(1440mAh)、最大で約10時間の駆動が可能(非通信状態)。そのほかの本体サイズを含む仕様はhx2190と同等。

『HP iPAQ hx2790 Pocket PC』は、『HP iPAQ hx2490 Pocket PC』のプロセッサーをPXA270-624MHzに、フラッシュメモリーを192MB(利用可能領域130MB)にアップグレードするとともに、指紋認証による“ログオン・セキュリティ機能”を利用するためのサーマルシリコンセンサーを搭載した最上位モデルとなる。

併せて、現行の“hx2000”シリーズのhx2110/2410、hx2750に対応したWindows Mobile 5.0へのアップグレードキット『Microsoft Windows Mobile 5.0 for Pocket PC アップグレード・キットhx2110/hx2410用』『Microsoft Windows Mobile 5.0 for Pocket PC アップグレード・キットhx2750用』の販売を12月下旬に開始する。キットにはアップグレード用OSイメージとWindows Mobile 2003 Second Edition for Pocket PCに再びダウングレードするためのOSイメージを収録したCD-ROMが含まれる。価格は、1ライセンスで4830円、50ライセンスで21万円。

また、rx1950の販売開始を記念したキャンペーン“rx1950販売開始記念キャンペーン 第一弾”を同日付けで開始し、先着1000台を2万4990円で販売するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン