このページの本文へ

星野金属工業と九十九電機のコラボレーションモデル「ALTIUM SUPER X T-Style」の店頭販売がスタート!

2005年12月01日 22時24分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 星野金属工業(ソルダム)と九十九電機のコラボレーションで誕生したアルミ製PCケース「ALTIUM SUPER X T-Style」の店頭販売がTSUKUMO eX.でスタートした。

「ALTIUM SUPER X T-Style」 ケース内部
星野金属工業(ソルダム)と九十九電機のコラボレーションで誕生したアルミ製PCケース「ALTIUM SUPER X T-Style」ケース内部は“The Spirits of JAPAN”という高級モデルにしか採用していないというブラックアルマイト加工が施されている

 同製品は星野金属工業製PCケース“ALTIUM SUPER X”シリーズのツクモ限定モデルで、「ALTIUM SUPER X」をベースに、ケース内部をブラックアルマイトで加工し、強度と見た目を美しく仕上げているのが特徴。星野金属工業によると「内部のブラックアルマイトは、通常は“The Spirits of JAPAN”という高級モデルにしか採用していない」とのこと。また、「ALTIUM SUPER X」スタンダードモデルのサイドパネルには、“CPUスラントダイレクトクーリング機構”と呼ばれるCPUクーラーに向かって角度のついたフレッシュエアを放射する92mmファンが搭載されていたが、本製品にはこのファンが搭載されていない。同社によるとこれは「ユーザーが好みのCPUファンを装着できるようにしたため」という。それ以外の性能は以前紹介した「ALTIUM SUPER X」とほぼ同じ。本体のカラーはホワイトパールマイカ、ソリッドブラック、ソリッドシルバーの3色をラインナップ。このうちホワイトパールマイカは、メタリック材に石英の粉末(マイカ)を調合したクリア効果の高いプライムカラーを使用している。価格はTSUKUMO eX.でホワイトパールマイカが3万800円、ソリッドブラックとソリッドシルバーが2万8800円。

リアビュー サイドパネル
基本的なスペックは「ALTIUM SUPER X」と同じで、電源は非搭載となっている好みのCPUファンを取り付けできるようにと、サイドパネルにはあえてCPUダクトを取り付けていないため、ダクトのスリットは塞がれている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ