このページの本文へ

デル、個人/中小企業向けノートパソコンのベーシックモデル『Inspiron 1300』を発売

2005年11月18日 17時11分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デル(株)は18日、ノートパソコン“Inspiron(インスパイロン)”シリーズの新製品として、低価格化を図るとともにオプションを拡充した個人/SOHO/中小企業向けのベーシックモデル『Inspiron 1300』の販売を22日に開始すると発表した。

『Inspiron 1300』
『Inspiron 1300』

『Inspiron 1300』は、グラフィックス機能を統合したインテル910GML Expressチップセットを搭載し、CPUはPentium M 725-1.60GHz/740-1.73GHzまたはCeleron M 360-1.40GHz/370-1.50GHzを選択でき、メモリーは256MB~1280MB(PC4200準拠DDR2 SDRAM)、HDDは40G/60G/80GB(Ultra ATA/100)を内蔵できる。液晶ディスプレーは14.1インチまたは15.4インチのWXGA(1280×800ドット)、光ディスクドライブはCD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブ(24倍速CD-R書き込み/24倍速CD-RW書き換え/8倍速DVD-ROM読み出し/24倍速CD-ROM読み出し)、DVD±R/±RWドライブ(2.4倍速DVD+R DL書き込み/8倍速DVD±R書き込み/4倍速DVD+RW書き換え/2倍速DVD-RW書き換え/8倍速DVD-ROM読み出し/24倍速CD-R書き込み/16倍速CD-RW書き換え/24倍速CD-ROM読み出し)を選択できる。

インターフェースは、10/100BASE-TX、V.92対応56kbpsモデム、USB 2.0×3、アナログRGB出力、マイク入力、スピーカー出力を装備する。拡張スロットはExpressCard/34&/54対応のものを搭載する。無線LAN機能(IEEE 802.11a/b/gまたはb/g)はオプションで搭載可能。電源は4セルまたは6セルのリチウムイオンバッテリーを搭載する(駆動時間は未公表)。本体サイズは幅356×奥行き265.5×高さ35.9mm、重量は構成により異なり、2.91kg(14.1インチ/4セルリチウムイオン/コンボドライブ選択時)から3.12kgまで。本体カラーは“ミッドナイトグレー”と新色の“サテン・シルバー”の組み合わせを採用。ポインティングデバイスはワイドタッチパッドを搭載し、セキュリティーロックホールも用意されている。OSはWindows XP Home Edition/Professional SP2。

B.T.O.に対応しており、価格は、Celeron M 360、256MBのメモリー、40GBのHDD、14.1インチ液晶ディスプレー、コンボドライブ、4セルバッテリー、Windows XP Home Edition SP2の構成で8万9250円、Pentium M 740、1024MBのメモリー、80GBのHDD、15.4インチ液晶ディスプレー、DVD±R/±RWドライブ、6セルバッテリー、インテルPRO/Wireless 2915ABG Mini PCIカード、Windows XP Home Edition SP2の構成で15万4875円。

同社では『Inspiron 1300』を、中小企業の一括大量導入や、バックアップ用に2台目を購入する個人などに最適としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン