このページの本文へ

松下電器産業、視野角が上下/左右178度の15Vインチ液晶テレビ『TH-15LA50』を発売――パソコンのXGA表示にも対応

2005年11月14日 20時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は14日、“VIERA”の上位機種“LX500”シリーズにも採用されている視野角を上下/左右178度に広げたIPS液晶パネルを搭載した15Vインチ液晶テレビ『TH-15LA50』を12月5日に発売すると発表した。価格はオープン。

『TH-15LA50』
『TH-15LA50』

『TH-15LA50』は、解像度が1024×768ドット(XGA)の液晶パネルを搭載し、D2端子を利用した525pのプログレッシブ表示、アナログRGB入力を利用したパソコンの画面表示などを行なえる液晶ディスプレー。画面サイズは304×228mm(対角380mm)。明るいシーンのピーク輝度を抑えることで消費電力を低減する“消費電力-減”モードや、10分間無信号状態が続くと自動で電源を切る“無信号自動オフ機能”などを搭載する。チューナーは地上アナログ対応(VHF:1~12/UHF:13~62/CATV:c13~c38)を内蔵する。

入力端子は、Sビデオ/コンポジットビデオ、コンポーネントビデオ(D2端子)、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)などを装備する。スピーカーは7×4cmを2個内蔵し、音声出力は総合6W(JEITA規格)。本体サイズは幅367×奥行き220×高さ410mm(パネル分の厚みは74mm)、重量は約6.2kg。チルトは前5度/後10度、スイーベルは左右各30度まで可能。キャリングハンドルを装備する。VESAマウント(100mm)に対応しており、オプションの壁掛金具『TY-WK22LR1』(価格8085円)を利用すれば壁に設置することもできる。電源はACアダプターを利用し、消費電力は47W(リモコンで電源OFFにした場合は約0.9W)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン