このページの本文へ

パーツ代だけで約25万円! 店員が自腹で購入したパーツで作った“最強PC”のデモをTWOTOPで実施中!

2005年11月12日 23時18分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TWOTOP秋葉原本店で、「Athlon 64 FX-57」とATI純正の「RADEON X1800 XT」を組み合わせたPCのデモを行なっている。このPCは同店の店員が自腹で購入したパーツで自作したものだという。

最強デモ
TWOTOP秋葉原本店で、店員が自腹で購入したパーツで作ったPCをデモ中。スペックはまさに最強!

 デモ機のマザーボードはASUSTeKの「A8N-SLI Deluxe」、メモリはCorsair製のPC4000 1GB×2を使用。自作マシン最強と呼ぶにふさわしいスペックとなっており、ザッと計算してもパーツ代だけで約25万円かかっていることになる。このデモ機で“3DMark 05”を走らせたところ、スコアは9090だった。ちなみに“GeForce 7800 GTX”のスコアは約7600、“GeForce 7800 GTX”を2枚使用してSLI動作させた時のスコアはおよそ12000。いかにこのマシンが高性能かお解りいただけるだろう。興味のある人は訪れてみよう。

デモ機 “3DMark 05”
デモ機のビデオカードは店員が発売日に約8万円で購入したというATI純正の「RADEON X1800 XT」。マザーは定番のASUSTeK製「A8N-SLI Deluxe」だ“3DMark 05”のスコアは9090。ビデオカード1枚でスコア9000台なのは驚き
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ