このページの本文へ

ニカワッ兄貴が目印の低価格なATX電源“筋肉電源”シリーズが登場!

2005年11月11日 22時33分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リンクスインターナショナルから、マッチョな兄貴がイメージキャラクタを務める低価格なATX電源“筋肉電源”シリーズが発売された。“筋肉”というくらいなので力強いイメージを連想するが、同社によると本製品のコンセプトは“低価格なATX電源”とのこと。筋肉質な男性と低価格がどう結びつくのかはまったくの謎だが、ひと目で製品名を覚えてしまう強烈なインパクトがある。

“筋肉電源”シリーズ
電源の写真より、ステキなポージングを披露するマッチョ兄貴のほうが目立つ“筋肉電源”のパッケージ。笑顔と腕の反りがまだまだ甘い?

 製品のラインナップは、総出力400Wで12cmファン搭載の「DR-B400NIKU(24P12CM)」、総出力400Wで8cmファン搭載の「DR-B400NIKU(24P8CM)」、総出力350Wで8cmファン搭載の「DR-B350NIKU(20P8CM)」の3種類。ATX12V Ver1.3規格に対応しており、共通で搭載されている各種コネクタ数は、ATX12V×1、Serial ATA用×1、FDD用×2、HDD用×6。メイン電源コネクタは総出力400Wの「DR-B400NIKU(24P12CM)」と「DR-B400NIKU(24P8CM)」が24ピンと20ピン兼用、総出力350Wの「DR-B350NIKU(20P8CM)」が20ピンとなっている。サイズは全モデル共通で150(W)×180(D)×85(H)mm。価格は「DR-B400NIKU(24P12CM)」がTSUKUMO eX.で4980円、「DR-B400NIKU(24P8CM)」がTSUKUMO eX.で4680円、クレバリー1号店で4693円、「DR-B350NIKU(20P8CM)」がTSUKUMO eX.で2980円、クレバリー1号店で3013円。

兄貴 パッケージ側面
どうやら彼の名前は“ニカワッ”らしい……。個性的な髪型だが、どう見ても切り抜き処理に失敗したとしか思えない……パッケージの側面には大きく“筋肉電源”とだけ書かれている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ