このページの本文へ

まさに“モンスターノートPC”!? モバイル向けGPU“GeForce Go 7800 GTX”を搭載するショップブランドPCが発売に!!

2005年11月05日 23時51分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月29日に発表されたnVIDIAのノートPC向けGPU“GeForce Go 7800 GTX”を搭載するショップブランドPCが登場した。発売されたのはフェイスのショップブランドPC「Progress MXG」シリーズで、同店によると納期は3~4週間程度という。

Progress MXG
nVIDIAのノートPC向けGPU“GeForce Go 7800 GTX”を搭載する「Progress MXG47800N/DVR2 78GTX」
モンスター
スペックは最新のデスクトップPCにひけを取らない、まさに“モンスターノートPC”といえる

 「Progress MXG」シリーズは、VGA機能にnVIDIAのノートPC向けGPU“GeForce Go 7800 GTX”を搭載するハイエンドノートPCだ。今日からフェイスで展示されているのはCPUにPentium M-780を搭載する「Progress MXG47800N/DVR2 78GTX」で、17インチワイド光沢TFT液晶(1680×1050)を採用するモデル。いわゆるデスクトップノートといわれる大型のものだ。
 搭載する“GeForce Go 7800 GTX”は、すでに販売されているデスクトップ向けの“GeForce 7800 GTX”と同等スペックを持つとされているGPUで、パイプライン数は24本。DirectX 9.0やShader Model 3.0などをサポートするほか、“NVIDIA PureVideo”やバッテリー寿命の最大化を実現する電力管理機能“NVIDIA PowerMizer”を備えている。

GeForce Go 7800 GTX キーボード
“GeForce Go 7800 GTX”は、すでに販売されているデスクトップ向けの“GeForce 7800 GTX”と同等スペックを持つとされているGPU日本語キーボードと内蔵タッチパッド。サイズは397(W)×294(D)×22~44(H)mmといわゆるデスクトップノートといわれる大型のタイプだ

 VGA機能以外の同モデルの主なスペックは、チップセットに“i915PM”、PC4300 DDR2 2GB(200Pin SO-DIMM)、容量100GBの2.5インチHDD(5400rpm/ATA100)、スリムタイプのDVD±RW対応ドライブ、4in1カードリーダ(SD/MMC/MS/MS Pro)、PCMCIA TypeIIスロット、IEEE1394×1、USB2.0×4、サウンド(Sound Blaster Pro互換)、ステレオスピーカー内蔵というもの。もちろん、CPUなどの一部パーツについてはカスタマイズが可能だ。
 価格は30万4290円。冒頭でも触れたように、納期は3~4週間程度となっている。同店のポップにも記載されているが、最新のデスクトップPCにひけを取らない、まさに“モンスターノートPC”といえるだろう。

スペック WEBカメラ
「Progress MXG47800N/DVR2 78GTX」の主なスペック。もちろん、CPUなどの一部パーツについてはカスタマイズが可能だ上部には30万画素のWEBカメラを搭載する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ