このページの本文へ

Turion 64に正式対応したキューブ型ベアボーンPC「XC Cube EX761」の販売始まる!

2005年11月01日 20時57分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前紹介したAOpen製のキューブ型ベアボーンPC「XC Cube EX761」の販売が本日から開始されている。Socket 754のAthlon64、Sempronを搭載することが可能なほか、Turion 64を正式にサポートするのが特徴だ。

Socket 754のAthlon64、Sempronを搭載することが可能なほか、Turion 64を正式にサポートするのが特徴のキューブ型ベアボーンPC「XC Cube EX761」

 マザーにはチップセットに“SiS761GX”+“SiS965”を搭載した「UK761GX」を搭載。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI×1を装備する。チップセット内蔵のVGA機能、Serial ATA×4、IEEE 1394、USB 2.0×8、6chサウンド、ギガビットイーサなどがオンボードとして用意されている。CPUにTurion 64を正式サポートするのは前述の通りだが、同社のウェブサイトによると、搭載可能なモデルはTDPが35WのTurion 64 ML(ML-30/1.6GHz~ML-40/2.2GHz)シリーズのみ。秋葉原でも多くのショップで取り扱われているTDPが25Wの“MT”シリーズをサポートする旨は記載されていない。同シリーズが登載可能かどうかを同社に問い合わせたところ「検証していないため分からない」とのことで、いわゆる“人柱”ユーザーからの報告が気になるところだ。価格は、TWOTOP秋葉原本店と俺コンハウス、BLESS秋葉原本店の3店舗で2万9800円、ラオックス ザ・コンピュータ館は明日以降販売としており3万900円となっている。

フロントインターフェイスとしてUSB 2.0×2、IEEE 1394×2、アナログ音声出入力×各1、デジタル音声出力(オプティカル)を装備背面のインターフェイスは、VGA、USB 2.0×2、IEEE 1394×1、ギガビットイーサネット、アナログ音声出入力、デジタル音声出力(コアキシャル)などを備える
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ