このページの本文へ

初のPCI Express x1対応TVキャプチャカードが販売開始! ATI製エンコーダチップ“THEATER 550 PRO”を採用!

2005年10月28日 22時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Powercolorから初のPCI Express x1対応TVキャプチャカード「Theater 550 PRO PCI Express」が登場した。Low Profile仕様のハードウェアエンコード対応製品。代理店はアスクだ。

Theater 550 PRO PCI Express
初のPCI Express x1対応TVキャプチャカード「Theater 550 PRO PCI Express」
パッケージ
ハードウェアエンコード対応のTVキャプチャカードにPCI Express x1モデルが登場したのは大きな注目点といえそう。メーカーはPowercolor。代理店はアスクだ

 PCI Express x1対応の製品としては、Matrox製ビデオカード「Millennium G550 PCIe」や玄人志向のPCI Express×1対応Serial ATA IIインターフェイスカード各種イーサネットカード各種などが販売されているが、TVキャプチャカードは今回が初めて。前述のインターフェイスカード類が持つ機能は、最近のマザーボードでは標準搭載が当たり前となっているが、別途用意しなければならないハードウェアエンコード対応のTVキャプチャカードにPCI Express x1モデルが登場したのは大きな注目点といえそうだ。

THEATER 550 PRO 裏面
搭載チップはATI製ハードウェアエンコーダチップ“THEATER 550 PRO”1チップに統合されているのでカード本体はLow Profileサイズのシンプルなものとなっている

 搭載チップは製品名からもお分かりのようにATI製ハードウェアエンコーダチップ“THEATER 550 PRO”。MPEG-2エンコーダや12ビット(3次元くし形フィルタ付き)のビデオデコーダ、オーディオデコーダ、さらにはノイズリダクション機能などが1チップに統合されているのが特徴で、PCI対応ながらすでに搭載カードがSAPPHIREやGECUBEから発売されている。
 カード本体はLow Profileサイズのシンプルなもので、PCI Express x1の切りかけがよく目立つ。インターフェイスはS-ビデオ、コンポジット入力。 タイムシフト再生や予約録画に対応するほかFMステレオラジオも視聴可能としている。対応OSはWindows XP/2000/Media Center Edition。付属品に各種ケーブル類のほか、リモコンやLow Profileブラケット、「PowerProducer」「PowerCinema」といったソフトが付く。価格はツクモパソコン本店IIとTSUKUMO eX.で1万580円、BLESS秋葉原本店で1万800円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万1980円となっている。

リモコン 付属品
付属のリモコン。なお、Windows Media Center Editionにも対応する付属品一覧。AVケーブル、FMアンテナケーブル、「PowerProducer」「PowerCinema」といったソフトなど
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ