このページの本文へ

AGPスロット搭載のAthlon 64 X2対応マザー「UL8」がAbitから発売に

2005年10月27日 23時44分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Abitから、ULi製“M1689”を搭載したSocket 939対応マザーボード「UL8」が登場した。デュアルコア採用CPUであるAthlon 64 X2にも対応しながらもAGPスロットを装備する製品で、価格も約1万円ほどとなっている。

「UL8」
ULi製“M1689”を搭載したSocket 939対応マザーボード「UL8」
ブラケット
オンボードインターフェイスは最近のマザーにしては珍しくシンプルだ

 チップセットのULi製“M1689”は、ファンレス仕様の1チップ構成。そのためか、ボード全体がシンプルな印象だ。主な仕様は拡張スロットがAGP×1、PCI×5、DDR DIMM(デュアルチャンネルDDR400/8GBまで)という構成。オンボードインターフェイスには10/100Base-Tイーサネットや6チャンネルサウンド、Serial ATA(RAID対応)を2ポート搭載する。AGPサポートのAthlon 64 X2対応マザーを探している人にとっては選択肢のひとつとなりそうな製品だ。価格はTSUKUMO eX.で9780円、高速電脳で9800円となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ