このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【特別企画】モバイル真骨頂! シャープに聞くW-ZERO3の素性

2005年11月04日 19時14分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

縦方向でも横方向でも使いやすく

[廣瀬氏] コンセプトが決まって、デザインの大枠が決まって、商品企画として悩みどころはそこから先ですよね。「液晶面にキーは必要なの?」みたいな議論から始まって、カーソルやABボタン、OSの関係で必要なボタンなど、キーを増やして1個1個を小さくすれば当然使いにくくなりますし、限られた面積の中でどこにどういうキーを配置するか。そういったレイアウトは商品企画の担当なので、実際にこのデザインに落とすまで、何日も悩みました
[遠藤] どうするか迷った時の、最終的な拠り所というのは?
スタイラスは、端末を縦方向に構えて向かって右上の角、背面側に収納する
スタイラスは、端末を縦方向に構えて向かって右上の角、背面側に収納する
[廣瀬氏] 一般的な移動機であるとか、この製品が搭載している機能を意識して、使用シーンを思い描きながら決めてきました。例えば、バッテリーの充電中に使うこともあるだろう。その場合にACアダプターの位置はどこがいいのだろうかとか。スタイラスの位置なんかは、縦方向、横方向に使うことを考えたら、最も取り出しやすいのはあそこ(写真参照)しかあり得ないですよね
[遠藤] 最後に、“ここは素人は気づかないだろう”的な、こだわりのポイントを教えてください


画面表示の切り替え設定
廣瀬氏ら商品企画が導き出した回答。“一番シンプル”な画面表示の切り替え設定は「前の状態に戻す」
[廣瀬氏] そうですね。例えば、キーボードを開いた状態で、画面表示が横方向に自動的に切り換わる。これはいいですよね。では、キーボードを閉じた場合に、画面は自動的にどう表示されると便利か。閉じているときに画面を縦方向に使うか横方向に使うかは、使う人によって当然異なります。そこで当初、画面表示の切り替え設定のメニューでは、キーボードを閉じたとき“横方向に表示する”“縦方向に表示する”の2択を用意する予定だったのですが、「ちょっと待てよ」と。「“直前の状態”に戻すのが一番シンプルだ」と。もう1人の商品企画担当と散々悩み、たどり着いたのは“一番シンプルな解答”でした


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン