このページの本文へ

DFIに続きSapphireからも“Crossfire”対応マザーが発売! 価格は2万円以下!

2005年10月25日 22時57分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DFIに続き、Sapphireから“Crossfire”に対応するSocket 939マザーボード「PI-A9RD480Adv」が発売された。チップセットはATI“RADEON XPRESS 200 CrossFire Edition”を搭載する。

「PI-A9RD480Adv」
“Crossfire”に対応するSapphire製Socket 939マザーボード「PI-A9RD480Adv」

 フォームファクタはATX、FSBは1000MHzまで対応。拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×3という構成で、DDR400のデュアルチャンネル対応メモリスロットを4本装備しており、最大4GBまで搭載可能。4つのSerial ATA IIポートはRAID 0/1をサポートする。組み合わされるSouth bridgeは“SB450”で、主なオンボード機能はギガビットイーサネット、8chサウンドなど。スペックは、先に発売されたDFIの「LANPARTY UT RDX200 CF-DR」と比べるとPCI Express x1のスロット数とSerial ATAのポート数が違う程度となっている。価格はZOA秋葉原本店、BLESS秋葉原本店、高速電脳で1万8980円、TWOTOP秋葉原本店で1万9680円、ドスパラアキバ店で1万9800円。どのショップも2万円を切る価格で販売中のため、“Crossfire”のお試し用として最適かもしれない。

South bridgeとSerial ATAポート
拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×3South bridgeは“SB450”を採用。Serial ATAは4ポート装備
“Crossfire”対応
リアインターフェイスはUSB 2.0×4、ギガビットイーサネット、8chサウンドなどパッケージには“Crossfire”対応を示す記述がある
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ