このページの本文へ

8倍速書き込みに対応した初のDVD+R DLメディアがやっと発売!三菱化学メディアとリコーから!

2005年10月20日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8倍速書き込みに対応した初のDVD+R DLメディアの販売がスタートした。発売されたのは三菱化学メディア「DTR85H1」とリコーの「D8RDD-S1CW」、その5枚パックとなる「D8RDD-S5CW」の3種類だ。

「DTR85H1」
三菱化学メディア「DTR85H1」
D8RDD-S5CW
リコーの5枚パック「D8RDD-S5CW」

 DVD+R DL書き込み8倍速対応のドライブは、今年5月にNEC製記録型DVDドライブ「ND-3540A」が発売されており、正式対応をうたうメディアの登場は5ヵ月後ということになった。対応速度はどちらも2.4~8倍。販売しているのはT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格は三菱化学メディア「DTR85H1」が1580円、リコー「D8RDD-S1CW」が1580円、その5枚パックとなる「D8RDD-S5CW」が5980円となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ