このページの本文へ

ヒートパイプを4本搭載! COOLINK製CPUクーラー「U8-120-1600」と「U8-92-1900」が登場!

2005年10月20日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Coolink製の12cmファン搭載CPUクーラー「U8-120-1600」と9cmファン搭載CPUクーラー「U8-92-1900」が登場した。本体は4本の銅製ヒートパイプとアルミフィンで構成されている。

「U8-92-1900」
COOLINK製の9cmファン搭載CPUクーラー「U8-92-1900」。代理店はサイズ

 「U8-120-1600」の対応ソケットはSocke478/754/939/940、LGA775。付属する12cmファンは、回転数900~1600rpmの間でスピードコントロールが可能で、騒音値は15~25dB。別途ファンをもう1基用意すれば、ヒートシンクを挟み込むかたちで冷却可能だ。本体のサイズは126(W)×71(D)×154(H)mm。価格はパソコンハウス東映で5180円、フェイスで5270円、TWOTOP秋葉原本店とOnenessで5280円、高速電脳で5480円。
 また、9cmファン搭載タイプの「U8-92-1900」もラインナップされている。こちらのファンは回転数1100~1900rpm、騒音値14~23dBで、本体サイズは96(W)×71(D)×127(H)mmとなっている。価格はパソコンハウス東映で4580円、フェイスで4770円、TWOTOP秋葉原本店とOnenessで4780円、高速電脳で4980円。

ヒートシンク ヒートパイプ
独特な形状のヒートシンク。両サイドから挟み込むかたちでファンを最大2基搭載可能銅製ヒートパイプは4本搭載する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ