このページの本文へ

アップルコンピュータ、デュアルコアPowerPC G5をデュアルで搭載した“Power Mac G5 Quad”など2機種を発表――“PowerBook G4”の新モデルも

2005年10月20日 06時23分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルコンピュータ(株)は20日、デュアルコアのPowerPC G5-2.5GHzをデュアル構成で搭載し、クアッドコアプロセッシングに対応したデスクトップパソコン“Power Mac G5 Quad”とシングル構成の“Power Mac G5 Dual”、ノートパソコンの液晶パネルの解像度を高めた15インチ/17インチの新“PowerBook G4”を発売すると発表した。

“Power Mac G5 Quad”
“Power Mac G5 Quad”

“Power Mac G5 Quad”は、1MBの2次キャッシュメモリーを搭載したデュアルコアのPowerPC G5-2.5GHzを2個搭載し、PCI Expressアーキテクチャーを採用したワークステーションクラスの処理能力を持つデスクトップパソコン。従来のシングルコアPowerPC G5-2.7GHzのデュアル構成と比べて、ビデオ編集ソフト『Final Cut Pro 5』のエンコード(SD)が最大60%高速で行なえるほか、レタッチソフト『Adobe Photoshop』のフィルター処理などを43%高速で行なえるという。メモリーは最大16GB(DDR2 SDRAM)、HDDは最大1TB(500GB×2、シリアルATA、毎分7200回転)、DVD+R DL対応スーパードライブ(DVD+R DL書き込み6倍速/DVD-R書き込み16倍速など)を搭載できる。グラフィックス機能は、米エヌビディア社のグラフィックスカード『GeForce 6600 LE』(128MBビデオメモリー)または『GeForce 6600』(256MBビデオメモリー)をPCI Express x16スロットに搭載する。インターフェースは、10/100/1000BASE-T×2、FireWire 800(IEEE 1394b)、FireWire 400(IEEE 1394a)×2、USB 2.0×4、USB 1.1(キーボード上)×2、光デジタルオーディオ/アナログオーディオ入出力などを装備し、無線通信機能はAirMac ExtremeとBluetooth 2.0+EDRを搭載できる。拡張スロットの空きは、PCI Express x8、PCI Express x4×2。本体サイズは幅206×奥行き475×高さ511mm、重量は20.2~22.1kg。OSはMac OS X 10.4“”をプレインストールし、『Apple Keyboard』と『Mighty Mouse』が付属する。

ラインアップは、デュアルコア2.5 GHz PowerPC G5×2、512MBのメモリー、250GBのHDD、GeForce 6600、DVD+R DL対応スーパードライブを搭載した『2.5 GHz Power Mac G5 Quad』、デュアルコアPowerPC G5-2.0GHz、512MBのメモリー、160GBのHDD、GeForce 6600 LE(128MB GDDR SDRAM)、DVD+R DL対応スーパードライブを搭載した『Power Mac G5 Dual』、デュアルコアPowerPC G5-2.3GHz、512MBのメモリー、250GBのHDD、GeForce 6600(256MB GDDR SDRAM)、DVD+R DL対応スーパードライブを搭載した『Power Mac G5 Dual』。価格は、『2.5 GHz Power Mac G5 Quad』が39万9800円、2.0GHzの『Power Mac G5 Dual』が24万4800円、2.3GHzの『Power Mac G5 Dual』が29万9800円。同日付けで出荷を開始する(『2.5 GHz Power Mac G5 Quad』のみ11月上旬)。

グラフィックスカードは『GeForce 7800 GT』(256MB GDDR3 SDRAM)や『Quadro FX 4500』(512MB)もB.T.O.オプションとして提供する。

『17インチPowerBook G4』
『17インチPowerBook G4』

併せて、ノートパソコン“PowerBook G4”の15インチ/17インチモデルの新モデルを発表した。15インチモデルは1440×960画素、17インチモデルは1680×1050画素に液晶ディスプレーの解像度を高め、バッテリー駆動時間を1時間長くしたのが特徴。17インチモデルでは輝度も最大46%高くなったという。グラフィックス機能はカナダATIテクノロジーズ社のMOBILITY RADEON 9700(128MB DDR SDRA)を搭載する。無線通信機能として、Bluetooth 2.0+EDR、AirMac Express(IEEE 802.11g準拠無線LAN機能)を搭載し、ポインティングデバイスにスクロールトラックパッド、キーボードに環境光センサー付きバックライトキーボードを採用する。インターフェースは、DVI、アナログRGB、Sビデオ、コンポジットビデオ、10/100/1000BASE-T、USB 2.0×2、FireWire 400、FireWire 800、光デジタルオーディオ/アナログオーディオ出力などを装備する。拡張スロットはPCカード(Type I/II)を搭載する。本体サイズ/重量は、15インチモデルが幅348×奥行き242×高さ28mm/2.54kg、17インチモデルが幅391×奥行き259×高さ25.4mm/3.13kg。OSはMac OS X 10.4“Tiger”をプレインストールし、統合デジタルライフスタイルアプリケーション『iLife '05』が付属する。

『15インチPowerBook G4』は、PowerPC G4-1.67GHz、512MBのメモリー(PC2-4200準拠DDR SDRAM)、80GBのHDD(Ultra ATA/100、毎分5400回転)、スロットローディング式8倍速スーパードライブを搭載し、価格は24万4800円。『17インチPowerBook G4』は、HDDが120GBとなり、価格は29万9800円。同日付けで販売を開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン