このページの本文へ

COMMELLからMini-ITXマザーを搭載したキューブ型PC「CMB-673」が登場! HDDも2台搭載可能!

2005年10月04日 21時18分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMMELLから以前紹介した同社のMini-ITX仕様のマザーボード「LV-673」を搭載したキューブ型ベアボーンPC「CMB-673」が登場した。筐体はアルミ製で、前面は鏡面仕上げとなっている。

本体 フロントアクセスインターフェイス
同社製のMini-ITX仕様のマザーーボード「LV-673」を搭載したキューブ型ベアボーンPC「CMB-673」フロントアクセスインターフェイスにはUSB 2.0×2、アナログ音声出入力×各1を装備

 サイズは195(W)×212(D)×150(H)mmと、Mini-ITX仕様のマザーを使用しているため他社のキューブ型ベアボーンPCに比べてひと回りほど小さい。本体の拡張ベイは5インチスリムベイ×1、3.5インチシャドウベイ×2となっている。
 搭載しているマザーボード「LV-673」は“i915GM”+“ICH6M”チップセットを搭載したPentium M対応(400/533MHz両サポート)のマザーで、拡張スロットとしてDDR2 DIMM×2(DDR2-533最大2GBまで)、PCI Express x16×1、Mini-PCI×1を装備。またオンボードインターフェイスとしてデュアルギガビットイーサネット、8chサウンド、VGA、Serial ATAを2ポート搭載。さらに基板上のヘッダピンに直接接続するタイプのコンポーネント出力対応ケーブルとTV出力用ブラケットが付属するが、ショップによると「ケーブルを接続する場所や、実際に動作するかどうかは不明」とのこと。そのほかフロントアクセスインターフェイスはUSB 2.0×2、アナログ音声出入力×各1、背面にはUSB 2.0×4、PCカードスロト(CardBus対応)×1、コンパクトフラッシュスロット×1などを備える。電源には出力120WのACアダプタを使用。価格はテクノハウス東映で6万9700円、アークで6万9780円となっている。

背面 Mini-PCI
背面にはUSB 2.0×4、PCカードスロト(CardBus対応)×1、コンパクトフラッシュスロット×1などを備えるマザー上にはMini-PCIスロットも搭載されている
5インチベイ ACアダプタ
5インチベイにはスリム型の光学ドライブを搭載できる電源には容量120WのACアダプタを使用
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ