このページの本文へ

日本HPと東洋インキ、デジタル印刷ビジネス分野で提携――デジタル印刷ソリューション『HP Indigo press 5000』も販売開始

2005年10月03日 19時17分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
液体インクを使用したデジタルカラー印刷ソリューション『HP Indigo press 5000』
液体インクを使用したデジタルカラー印刷ソリューション『HP Indigo press 5000』

日本ヒューレット・パッカード(株)と東洋インキ製造(株)は3日、デジタル印刷機“HP Indigo press”シリーズのビジネスを共同で強化し、デジタル印刷ソリューションの市場拡大を目指す提携を行なったことを発表した。正規販売代理店である東洋インキが担当していた保守業務を日本HPに移管し、東洋インキは営業活動に特化する。またデジタルカラー印刷ソリューションの新製品『HP Indigo press 5000』を本日より販売することも発表された。

日本HP 執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の滝澤敦氏
日本HP 執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の滝澤敦氏

日本HPでコンシューマー向けプリンターからデジタル印刷ソリューションまでを担当する執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の滝澤敦氏は、日本の印刷市場の95%がアナログ印刷で、デジタル印刷は5%程度という現状を紹介。Indigoシリーズの2つのミッションについて、1つはアナログ印刷の印刷事業者にデジタル印刷を提供すること、もう1つは大規模企業が社内にデジタル印刷ソリューションを提案することで、従来は印刷業者に発注していた印刷物の作成を内部で行なえるようになるとした。また東洋インキとの連携の分担については、東洋インキが営業活動を行なう一方で、HPはそれをデモセンターやトレーニングセンターなどの設備による支援を行なうほか、メンテナンス事業を担当する。

日本HPと東洋インキの連携モデル。東洋インキは1994年以来、イスラエルIndigo社と代理店契約を結んでいた。Indigoは2001年に米HPに買収され、同社のデジタル印刷機はHPのソリューションとなった 東洋インキのミッションについて説明する、同社印刷・情報事業本部 AI事業部の佐々木武志氏
日本HPと東洋インキの連携モデル。東洋インキは1994年以来、イスラエルIndigo社と代理店契約を結んでいた。Indigoは2001年に米HPに買収され、同社のデジタル印刷機はHPのソリューションとなった東洋インキのミッションについて説明する、同社印刷・情報事業本部 AI事業部の佐々木武志氏

Indigo press 5000シリーズについては、2007年まではモノクロや2~3色のカラーオフセット(平板)印刷が減少し、4色以上のカラーオフセット印刷が伸びるとの予測、およびフルカラーで印刷速度60枚/分(60ppm)以上のデジタル印刷機への購入意欲の高さを背景に開発されたという。液体インク“HPエレクトロインキ”技術を利用し、オフセット印刷機のシステム構造を応用することで、オフセット印刷変わらない画質を実現したという。適する用途用途としては、短納期で少量のチラシやパンフレット、フォトアルバム、多国語版が必要なマニュアル、さらに顧客情報に合わせてパーソナライズされたダイレクトメールなどとしている。説明会では実際にIndigo press 5000で印刷された製品カタログが配布された。写真などにやや粒状感や階調の不足が目に付くのが気になったが、前述の用途には十分な品質を備えていると言える。

印刷速度は4000枚/時(A4片面2面付け、4色)、または8000枚/時(A4片面、単色または2色)。自動両面印刷システムを内蔵し、両面印刷機能も備える。解像度は標準モード時812×812dpi。高解像度モード時812×1624dpi。用紙サイズは最大で320×475mmである。標準構成では4色印刷だが、オプションで5/6/7色印刷に対応できる。対応ファイル形式はPDF、TIFF、JPEG、EPS、PRML、JLYT(Job Layout)。給紙トレイユニットには、3つのトレイが用意され、用紙容量2400枚のユニットが2、830枚が1備わる。また排紙側には6000枚の容量を持つスタッカーが用意されるほか、印刷サンプルを出力するサンプル用紙トレイ(容量100枚)も備えられている。印刷フロントエンドエンジン“HP Press Production Manager”は、Pentium 4-2.8GHzと1GBメモリ、160GB HDDを備えるWindows XP Professionalベースのシステムで、10/100/1000BASE-T LAN端子を備えている。

印刷機本体と給紙トレイ、システムの標準小売価格は6500万円から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン