このページの本文へ

スタート・ラボ、セキュリティー機能付きCD-R“Secu-R”を発売

2005年09月28日 23時40分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)スタート・ラボは28日、セキュリティー機能付きCD-R“Secu-R(セキュアール)”を10月1日に発売すると発表した。価格は仕様により異なり、1枚あたり300円から1000円程度の予定。受注は100枚から。販売は同社と特約店経由で行ない、2005年度で3万枚の販売を予定している。

動作概要図
動作概要図

“Secu-R”は、情報セキュリティー専用に開発されたCD-Rで、コピーできない専用CD-R、プリライトされた暗号キー(Key)、パスワード/設定日付の組み合わせでセキュリティー対策を行なうもので、USBキーやほかのメディアなどを必要としないのが特徴。ファイルの暗号化には、Secu-Rにあらかじめ記録されているソフト『Secu-R Manager』を利用する。同社では、セキュリティーレベルのカスタマイズにも対応するとしており、1枚ごとに異なる暗号キーを付与したり、復号化できるパソコンの機種を限定したりといったことも可能という。暗号キー(暗号Key)は同社が発行し、管理するため、不慮のディスク破損事故などでも暗号キーの再発行が可能としている。推奨動作環境は、Celron-400MHz以上、128MB以上のメモリー、Windows XP/2000を搭載したPC/AT互換機。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン