このページの本文へ

シャシーからネジまでほぼすべてのパーツを自分で選べるPCケースが星野金属工業から登場!

2005年09月24日 03時49分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 星野金属工業(ソルダム)からフルアルミATXケース「ALTIUM SUPER X」が登場した。別売のオプショナルパーツによって、ユーザーが自由にカスタマイズできるのが特徴だ。

「ALTIUM SUPER X」
フルアルミATXケース「ALTIUM SUPER X」のスタンダードモデル

 同製品には、シャーシやフロントパネルなど、基本となる部材で構成された“スタンダードモデル”が用意されている。これにファンを増設したり、フロントやサイドパネルを変更したりして自分だけのPCケースを作れる。選択できるパーツは、シャーシから搭載するファンやネジまで、ほぼすべて。ちなみに、別売のオプションの一例を挙げると、ファンを2つ重ねた「直列強化排気キット」や、VGA/PCIカード冷却用の「VGA/PCI クーリングダクト」、HDDの搭載位置を変更できる「HDD ホルダー ルーズピッチ仕様」のほかに、吸気用の開口部があるフロントパネルや、メッシュ状のサイドパネルなど、見た目も大きく変わるものもラインナップされている。
 スタンダードモデルの拡張ベイは5インチベイ×4、3.5インチベイ×1、3.5インチシャドウベイ×5。ケースファンは、前面と背面に120mm角の「WiNDy FF120」をそれぞれ1基(前面はフィルター付き)搭載、側面は92mm角の「WiNDy FF92」(フィルター付き)を1基搭載する。サイズは202(W)×508(D)×432(H)mm、重量は6kg。カラーはソリッドブラック/ソリッドシルバー/ソリッドクールブルー/ソリッドクールレッドの4色を用意。価格はツクモケース王国で2万4800円(ソリッドブラック/ソリッドシルバーのみの販売)。また、BLESS秋葉原本店でも近日発売予定としている。

シャシー 側面
スタンダードモデルのシャシー(Type A)拡張ベイは5インチベイ×4、3.5インチベイ×1、3.5インチシャドウベイ×5。前面と背面に120mm角のファンを1基づつ搭載する
サイドパネル サイドファン
サイドパネルには60度の角度で92mmファンを搭載する。これは“CPUスラントダイレクトクーリング機構”と呼ばれ、CPUクーラーに向かって角度のついたフレッシュエアを放射するサイドパネルの吸気ファンは92mm角の「WiNDy FF92」を採用。同社のウェブサイトによると風量は41.71CFM、騒音値は25.9dBとのこと
豊富なオプション 「VGA/PCI クーリングダクト」
豊富なオプションでカスタマイズが可能。自分だけのオリジナルケースを作れるVGA/PCIカード冷却用の「VGA/PCI クーリングダクト」を増設した様子。120mmファンを内蔵しており、VGA/PCIカード周辺の熱を吸い込み、ケース背面から排気する
※お詫びと訂正:VGA/PCIカード冷却用の「VGA/PCI クーリングダクト」の説明に、「ケース背面から吸気し、マザーボード方向へ風を送り込む」とありましたが、正しくは「VGA/PCIカード周辺の熱を吸い込み、ケース背面から排気する」となります。お詫びして訂正いたします。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ