このページの本文へ

デュアルコア採用CPU“Pentium D”も搭載可能な“i865PE”マザーがASUSTeKから発売!

2005年09月23日 23時14分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2世代前のメインストリーム向けインテル製チップセット“i865PE”を搭載したLGA775対応マザーボード「P5P800 SE」がASUSTeKから発売された。旧世代のチップを採用しながらも、最新のデュアルコア採用CPU“Pentium D”も搭載可能な製品だ。

パッケージ
パッケージにもDual Core対応をうたう表記がみえる
P5P800 SE
“i865PE”を搭載したLGA775対応マザーボード「P5P800 SE」。約1年前に発売された「P5P800」をベースとした製品だ

 マニュアルおよびウェブサイトによると対応CPUの項目には「Intel Pentium D Processor ready/Compatible with IntelR 05B/05A and 04B/04A processors」という記載が確認でき、最新のデュアルコアを採用した“Pentium D”シリーズのCPUも搭載可能だというのが分かる。もちろんEM64T/EIST/Hyper-Threading Technologyといった既存の機能もサポートしている。
 製品自体は約1年前に発売された「P5P800」をベースとしたもので、South bridgeは“ICH5”。拡張スロットはAGP×1、PCI×4(「P5P800」は5本)、DDR DIMM×4(DDR400/4GBまで)という構成。6chサウンドやギガビットイーサネット(Intel/82540EM )、Serial ATA×2(ICH5)などをオンボードで装備する。“Pentium D”ユーザーでAGP対応のビデオカードを使用したいという場合にはおもしろい製品と言えよう。価格はツクモパソコン本店IIで1万2800円、フェイスで1万2970円、TWOTOP秋葉原本店で1万2980円となっている。

マニュアル ブラケット
マニュアルのCPU対応の項目に注目。デュアルコア採用CPU「Pentium D」も搭載可能だオンボードインターフェイスはシンプルながらギガビットイーサネットにはインテル製コントローラーを採用している
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ