このページの本文へ

オムロン、Xserve RAID対応のUPS専用接点信号インターフェースカード『SC05XSR』を発売

2005年09月21日 22時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オムロン(株)は21日、同社製の無停電電源装置(UPS)用オプションとして、アップルコンピュータ(株)のストレージシステム“Xserve RAID”に対応した接点信号インターフェースカード『SC05XSR』を10月3日に発売すると発表した。価格は1万9740円。

『SC05XSR』
『SC05XSR』

『SC05XSR』は、同社製のラインインタラクティブ方式UPS(BN100XR/BN150XR/BN240XR)のオプションカードスロットに装着することで、停電などの入力電源異常時に、Xserve RAIDの書込みキャッシュをクローズし、電源を切ることができるようにするインターフェースカード。本体サイズは幅77×奥行き140×高さ38mm、重量は60g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン