このページの本文へ

PCカードタイプなのに画質補正機能付き! TVチューナ/キャプチャカード「板ちゅーGOLD」が販売中

2005年09月16日 22時55分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カノープスからPCカードタイプのハードウェアエンコーダ搭載TVチューナ/キャプチャカード「板ちゅーGOLD」が登場した。同社によると、PCカードタイプのTVチューナでは唯一、3D Y/C分離や3D NRなどの画質補正機能を搭載するという。

「板ちゅーGOLD」
PCカードタイプのハードウェアエンコーダ搭載TVチューナ/キャプチャカード「板ちゅーGOLD」。同社によるとPCカードタイプのTVチューナでは唯一、3D Y/C分離や3D NRを搭載(排他利用)するという。
本体
カード側面にはビデオ入力端子、オーディオ入力端子、アンテナ端子が並ぶ

 受信可能チャンネルはVHF 1~12ch、UHF 13~62ch、CATV C13~C35ch。MPEG-2キャプチャ中のビットレートは2~15Mbpsで設定可能だ。コントロールソフトは同社製の「FEATHER2005 V2」が付属するほか、DVDオーサリングソフト「NeroVision Express」、ソフトウェアDVDプレーヤ「Nero Show Time」、フォトエディタ「Nero Photo Snap」、マルチメディア共有サーバー「Nero Media Home」などが同梱される。対応するOSはWindows XPのみ。サイズは約120(W)×54(D)×10(H)mm、重量は46g。価格はフェイスで1万7470円、TWOTOP秋葉原本店で1万7480円、TSUKUMO eX.とラオックス ザ・コンピュータ館とT-ZONE.PC DIY SHOPで1万7980円、ドスパラ秋葉原本店で1万8000円。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ